ケイ素(Si)

化学名:
ケイ素
英語名:
silicon

概要

ヒトの体内では、ケイ素のほとんどが皮膚、軟骨、骨に存在し、それらを丈夫で健康な状態に保ちます。

体内での働き

骨の形成を助ける(骨密度を増加させる)働きがあります。また、コラーゲンの合成に必要な酵素の活性化に関わるとされています。

欠乏または過剰に摂取した場合

欠乏すると骨や爪がもろくなったり、シミやシワの増加、動脈硬化の進行につながります。過剰に摂取するとケイ酸塩腎結石症の恐れがあります。

摂取により改善が見込まれる悩み(症状・病気)

多く含まれる食品

参考文献

  • 国立栄養・健康研究所ホームページ
  • 新・ミネラル栄養学(健康産業新聞社)
  • ミネラルの事典(朝倉書店)

ご利用にあたって

当サイトに掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、利用者が当サイトの掲載情報を用いて行う一切の行為について、いかなる責任も負いません。