泌尿器科医 / 泌尿器科の病気 ガイド 小内 友紀子

こうち ゆきこ

東京女子医科大学卒。医師・医学博士。東京女子医科大学病院泌尿器科勤務を経て、より多くの患者さんを治したいと、単身赴任で福島県いわき市のときわ会常磐病院へ。現在、福島労災病院泌尿器科で診療中です。専門は尿失禁や排尿機能の障害ですが、結石から癌まで泌尿器科の病気や気になる症状をわかりやすくご紹介します。

得意分野

泌尿器科疾患全般(腎臓癌、腎盂尿管癌、精巣癌、前立腺癌、膀胱癌、尿路結石など)、尿失禁、骨盤臓器脱、排尿障害など

活動実績

執筆ガイド記事本数2

ガイドからの挨拶

みなさま、こんにちは。泌尿器科はなんとなく行きづらい……と感じていませんか? 自分の症状が本当に泌尿器科の病気なのか、受診したらどんな検査を受けるのか、治療はどのようなものなのか……考えるだけで憂鬱になってしまう、という人もいるかもしれません。

私は大学病院でも一般の病院でも診療経験を積んでおります。ここでは泌尿器科専門医として、外来診療でもよくご相談を受ける症状を中心に、泌尿器科の病気をわかりやすく紹介してまいります。
 
外来でよく患者さんにお話することですが、病気は患者さんの身体が治すものです。医師や薬が治すのではありません。患者さんをマラソンランナーに例えると、我々医師は患者さんの治る力を邪魔しないように、でも治るまで(時には治った後も)しっかりと横を伴走するコーチのようなイメージでしょうか。

診療においては、医師としての自分というよりは、ありのままの「小内友紀子」として患者さんに接するよう、心がけています。ガイドとしても必要な事項を、読みやすくお伝えできたら嬉しいです。

ガイドの新着記事