薬 ガイド 三上 彰貴子

みかみ あきこ

外資系製薬株式会社勤務後、慶應義塾大学にてMBA取得。薬剤師の資格を活かし、薬に関する情報をお伝えしていきます。体の不調を助けてくれる薬は、正しく扱わなくては効果がないばかりか、体に悪影響を及ぼすこともあります。このサイトを活用し、薬に関する基礎知識をしっかり身につけてください。

ガイドからの挨拶

こんにちは、三上 彰貴子です。

「急いでいるから水なしで飲んでしまった。」
「体が大きいから、2倍の量飲んでみよう。」
「この薬は、大分前に開封したけど、見た目は大丈夫だから使ってしまおう。」

これらは全て間違った薬の飲み方ですが、案外行っている方がいるようです。

薬は、小さい頃からどの家庭にもある身近なものです。だからこそ、基本の知識を知り、正しく使っていただきたいと常に感じております。自分の体に関わることですから、分からないことはそのままにせず、調べたり、専門家にきちんと尋ねるようにしましょう。

まずはあなた自身が薬に関する基本情報を知るサイトとして、役立てていただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

メディア掲載実績

雑誌LDK
LDK的スーパーマーケットの歩き方 買い物図鑑 痛み止め
2016年04月28日
雑誌MONOQLO
24時間を変える究極の日用品
2016年03月19日
雑誌MONOQLO
特集<新 仕事の道具 通勤編>
2014年12月19日
雑誌週刊プレイボーイ
特集「夏に飲みたい”エナドリ”はどれだ!?」
2014年07月28日
新聞島根日日新聞
記事「お薬手帳・一冊にまとめ 常に携帯」
2014年07月14日

ガイドの新着記事

  • 薬局で買える胃薬の選び方・注意点

    薬局で買える胃薬の選び方・注意点

    胃が痛いときや消化不良、胃酸過多と感じたとき、薬局などで手軽に市販薬が買える「胃薬」。胃腸薬は副作用がなさそうで気軽に飲んでしまう方も多いようですが、実は注意すべき相互作用や副作用があります。症状に合わせて服用することが大切ですので、登録販売者や薬剤師に相談して購入するのがオススメです。

    掲載日:2016年11月14日
  • 抗生物質の副作用・注意点

    抗生物質の副作用・注意点

    クラビットやPL-3など、風邪やインフルエンザなどでもよく処方される抗生物質(抗生剤)。いずれもそれぞれの病気に合わせて処方されます。一定の間隔で最後まで飲みきることが非常に大切です。抗生物質の正しい飲み方、副作用、他の薬や食べ物との飲み合わせや飲酒などの禁止理由について、薬剤師が解説します。

    掲載日:2016年11月12日