医師 / 家庭の医学 ガイド 清益 功浩

きよます たかひろ

法律、経済など多くの資格をもつ現役のアレルギー・小児科医師

医学博士。日本小児科学会認定専門医、日本アレルギー学会認定専門医・指導医。他にも、メンタルヘルスマネジメント始め、法律、経済、化学などについて多岐に渡る資格を有しています。現役医師として多くの方に正確な情報を提供し、診察室以外でも困っている方の手助けをしていきたいと考えております。

得意分野

医学全般(特に小児科、免疫、アレルギー)、法律、経済、旅行、歴史など

ガイドからの挨拶

小児科医でもあり、アレルギー専門医である清益です。現場の現役医師として、多くの方に正確な情報を提供することで、診察場以外でも困っている人の少しでも手助けになればと思っています。インターネットの普及で情報が多く存在し、その情報の正誤について専門的な知識が必要になっています。私の免疫・アレルギーと子供の病気を担当いたします。膠原病、関節リウマチなどの免疫の病気、アトピー、喘息、花粉症などのアレルギーの病気と小児科医として子供の病気や発達について、これまで研究し、医療の現場でも扱ってきました。これからも新しい情報を取り入れて、皆さんのお役に立ちたいと思っていますのでよろしくお願いします。さらに、医学の知識はもとより、経済、政治、地理、法律、化学、心理などについてもしっかりと勉強し、幅広い分野の知識から、様々な視点で免疫、アレルギー、膠原病や子供の健康についての情報を提供していきたいと思っています。

メディア掲載実績

雑誌サンキュ!
疲れない体とイライラしない心になる方法
2019年08月02日
雑誌リンネル
冬本番の風邪&インフルエンザ対策
2018年12月20日
雑誌nina's
免疫力アップ! わが家の健活
2018年10月07日
テレビ【日本テレビ】Oha!4NEWSLIVE
<Oha!サーチ>熱中症にご注意
2018年07月05日
雑誌SPA!
中流40代 年収700万円の新限界値~人間ドックのオプションは胃がん検査~
2018年04月03日

ガイドの新着記事

  • マイコプラズマ肺炎に妊婦や新生児がかかったら

    マイコプラズマ肺炎に妊婦や新生児がかかったら

    【小児科医が解説】マイコプラズマ肺炎は、小学生の子供に多く、発症すると感染力がある間は出席停止になる感染症です。乳幼児や、高齢者・妊婦を含む大人も感染します。妊娠中にマイコプラズマ肺炎になっても胎児への影響は少ないです。症状、感染経路や薬による治療や対処法について解説します。

    掲載日:2019年10月19日肺・気道の病気
  • インフルエンザ脳症の症状・治療法・予防法…大人も注意を

    インフルエンザ脳症の症状・治療法・予防法…大人も注意を

    【小児科医が解説】後遺症リスク・死亡率ともに高いインフルエンザ脳症。5歳以下の子供に多いインフルエンザの合併症で、主に発熱から48時間以内に起こります。大人の発症・死亡例もあるインフルエンザ脳症の原因・症状・後遺症・治療法・予防法について解説します。

    掲載日:2019年10月18日インフルエンザ

All About NEWS 新着記事

公認ガイドブログ

  • 一時懸命

    一所懸命という言葉があります。   中世時代に、もともと所領を持っている人が1か所の領地を命をかけて守って、生活の頼みにすることといいます。そこから、近世では、命がけで物事をすることを指すようになり、...

    更新日:2019年07月16日
  • 年齢を重ねると見えてくるもの

    この歳になると、徐々に周りが見えてくるようになる。   スポーツを見ても、個人競技でもその裏方の働きが見えてくる。自分の仕事もまた、自分ひとりでは全てできるわけではないことが見えてくる。   良いことも...

    更新日:2019年07月09日