医師 / 家庭の医学 ガイド 清益 功浩

きよます たかひろ

法律、経済など多くの資格をもつ現役のアレルギー・小児科医師

医学博士。日本小児科学会認定専門医、日本アレルギー学会認定専門医・指導医。他にも、メンタルヘルスマネジメント始め、法律、経済、化学などについて多岐に渡る資格を有しています。現役医師として多くの方に正確な情報を提供し、診察室以外でも困っている方の手助けをしていきたいと考えております。

得意分野

医学全般(特に小児科、免疫、アレルギー)、法律、経済、旅行、歴史など

ガイドからの挨拶

小児科医でもあり、アレルギー専門医である清益です。現場の現役医師として、多くの方に正確な情報を提供することで、診察場以外でも困っている人の少しでも手助けになればと思っています。インターネットの普及で情報が多く存在し、その情報の正誤について専門的な知識が必要になっています。私の免疫・アレルギーと子供の病気を担当いたします。膠原病、関節リウマチなどの免疫の病気、アトピー、喘息、花粉症などのアレルギーの病気と小児科医として子供の病気や発達について、これまで研究し、医療の現場でも扱ってきました。これからも新しい情報を取り入れて、皆さんのお役に立ちたいと思っていますのでよろしくお願いします。さらに、医学の知識はもとより、経済、政治、地理、法律、化学、心理などについてもしっかりと勉強し、幅広い分野の知識から、様々な視点で免疫、アレルギー、膠原病や子供の健康についての情報を提供していきたいと思っています。

メディア掲載実績

雑誌nina's
免疫力アップ! わが家の健活
2018年10月07日
テレビ【日本テレビ】Oha!4NEWSLIVE
<Oha!サーチ>熱中症にご注意
2018年07月05日
雑誌SPA!
中流40代 年収700万円の新限界値~人間ドックのオプションは胃がん検査~
2018年04月03日
雑誌灯台
子どもの熱中症に気をつけよう 『灯台』読者の質問に答えます
2017年06月09日
雑誌ESSE
ESSEnce Tips
2017年05月06日

ガイドの新着記事

  • 胃腸炎に伴う痙攣・胃腸炎関連痙攣とは…症状・検査・治療法

    胃腸炎に伴う痙攣・胃腸炎関連痙攣とは…症状・検査・治療法

    【小児科医が解説】子どもの場合、ロタウイルスやノロウイルスなどによるウイルス性胃腸炎に伴って、痙攣(けいれん)を起こすことがあります。熱性痙攣と違い、発熱などの症状もなく急に痙攣するため救急受診される方も多いですが、経過観察で十分なことも多く、脳炎などのように後遺症などが残ることもない予後のよい病気です。胃腸炎に伴う痙攣に特徴的な症状、予後、後遺症の有無、原因、治療法、予防法について説明します。

    掲載日:2018年12月12日子供の病気
  • ネフローゼ症候群の症状・原因・検査・治療法…小児、大人も発症

    ネフローゼ症候群の症状・原因・検査・治療法…小児、大人も発症

    【小児科医が解説】ネフローゼ症候群は、子供の腎臓の病気の中では比較的多い病気のひとつ。浮腫や蛋白尿、高脂血症、低蛋白血症などの症状が現れ、血液検査や尿検査を行い、ステロイド療法などでの治療が必要となります。ネフローゼ症候群の症状、原因、検査、治療法について詳しく解説します。

    掲載日:2018年12月11日子供の病気

All About NEWS 新着記事

公認ガイドブログ

  • トップは1人でも、ワンマンとは違う

    組織において速やかに決断しないといけないことは多々あるために、一見ワンマンにみられるかもしれません。 ワンマンとは違うのは、その決断した後のフォローが違ってくる。 決めて丸投げであれば、誰もその決断...

    更新日:2018年10月11日
  • 資格をどう生かすか…

    shikaku-japan.com このようなサイトがオープンしました。 最近は、資格の勉強と受験できていないので、最近の受験情報を知るにはいいかもしれません。   最近は、資格を活かした実務的な業務として、一般社団法...

    更新日:2018年07月27日