これからのシーズン、海水浴やプールに出かけることがあるかと思います。今回は海水浴やプールに関係が深い、アレルギーや病気についてご紹介しましょう。

蕁麻疹

海水浴では、日差しと温度、水温が冷たいと、蕁麻疹の原因がいっぱい
なぜ、じんましんが起こるの?』で説明しましたが、食べ物だけでなく物理的な刺激で「じんましん」が出てしまうことがあります。特に夏場に海水浴・プールで問題になりそうな「じんましん」にも色々な種類があります。

■寒冷蕁麻疹
夏とはいえ、海水、プールの水は体温より低いことが多いので、冷たい刺激で、「じんましん」が出てきます。水に入って「じんましん」が出てきたら、寒冷蕁麻疹かもしれません。

■温熱蕁麻疹
夏の暑さで、暖かい刺激で、「じんましん」が出てきます。水に入っていないときに、「じんましん」が出てきたら、温熱蕁麻疹かもしれません。

■光線蕁麻疹
夏の日差しで「じんましん」が出てきます。日焼けしていたら、「じんましん」が出てきたら、光線蕁麻疹かもしれません。

■コリン性蕁麻疹
運動または体が暖かくなって汗をかくと、小さな赤い点々のような湿疹がでてきます。痒みや痛みがあります。泳いだ後に「じんましん」が出たら、コリン性蕁麻疹かもしれません。

このように、様々な原因で、「じんましん」が発症します。原因が何か見つけるためには、いつ、どこで「じんましん」が出てくるかが大切です。

気管支喘息

運動で喘息が起きるのはなぜ?運動誘発喘息』で説明しましたように、水泳は喘息にとって負担の少ない運動です。

ただ、プールの場合、『アトピーでプールに入るときの注意点』として、塩素による気道への障害も報告されていますので、海水浴の方がいいかもしれません。

喘息の治療に、「喘息キャンプ」と言って、夏季の集団合宿を、地方自治体や病院施設で実施されています。喘息の子供の発作への恐れや生活の制限、制約を除き、鍛錬(たんれん)する機会を与え、自立と喘息発作の自己管理、集団生活のマナーを学ぶのが目的です。水泳が喘息に負担の少ない運動であることから、よく、水泳をプログラムに入れていることが多いです。