ラテックスとは

手袋

手術に関わる医療従事者に多いと言われているラテックスアレルギー

ラテックスは天然ゴムに含まれる主成分です。天然ゴムが使われている製品は、医療では、医療用手袋、尿や血管に入れる管であるカテーテル、絆創膏(ばんそうこう)など、家庭では、炊事用手袋、ゴム風船、輪ゴム、コンドームなどの日用品などです。

天然ゴムは、Hevea brasiliensisというゴムの木の幹を傷つけて得られた白い樹液で、様々なタンパク質が含まれています。アレルギーの原因になるのは、タンパク質ですから、ゴムの木の樹液に含まれるタンパク質に対して体がIgEを作ることで、アレルギー反応が起こります。これをラテックスアレルギーと呼んでいます。

ラテックスアレルギーの症状

最も多い症状は、手袋などが接した部分に起こる症状です。この場合は、接して起こるので、「接触じんましん」と呼ばれています。

手袋を装着した手が痒くなる、赤くなる、盛り上がった湿疹(膨疹)、水ぶくれ(水疱)が起こり、時に、全身にも広がっていきます。

全身の症状として、アナフィラキシーと言って、じんましん、ゼイゼイと言った喘息、呼吸困難、血圧が下がる、嘔吐、腹痛などの重篤なアレルギー症状を起こすことがあります。

アトピーとアナフィラキシー

ラテックスアレルギーを起こす危険因子

バナナ

バナナの木は、ゴムの木と似ています

ラテックスアレルギーは、ゴムを日常的に使用する人に多いと言われています。

特に、下記の人に頻度が多いです。
  • 医師や看護師などの医療従事者…特に手指にアトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎があったり、手術室で働く医師、看護師、歯科医師
  • 繰り返し医療的な処置を受けている患者…特に尿にカテーテルを入れることが多い二分脊椎症患者
  • 食物アレルギーの患者…特にラテックスと似た成分をもつアボガド、バナナ、クリ、キウイフルーツなどにアレルギーがある人
  • 天然ゴム製造業に関わっている人  
皮膚に傷があると、そこから一度ラテックスが侵入し、免疫細胞が異物として認識します(感作と言います)。その状態で、再度、ラテックスが入っていると免疫細胞が異物を排除するために、アレルギー反応を起こすわけです。

次のページでラテックスアレルギーの検査と治療を説明します。