今回は、アトピーや食物アレルギーの中でも、非常に重症な症状を呈する「アナフィラキシー」について説明します。


「アナフィラキシー」とは?

緊急を要する病気がアナフィラキシーです
聞きなれない言葉かもしれませんが、簡単に言うと、急性アレルギー反応のひとつです。アナフィラキシーは、じんましん等の皮膚症状や、喘息・呼吸困難等の呼吸器症状、めまい、意識障害等の神経症状、血圧低下等のショック症状が、2つ以上存在している場合を言います。

特に、血圧が低下し、ショック症状になることを「アナフィラキシーショック」と呼んでいます。この症状は命にも関わる、一刻を争うショック症状なのです。



「アナフィラキシー」の症状


  • 皮膚症状→じんましん・紅潮(皮膚が赤くなること)・浮腫

  • 呼吸器症状→喉頭浮腫・嗄声(させい:声がかれる)・呼吸困難・喘鳴(ぜんめい:ゼイゼイといった息をする)

  • 消化器症状→腹痛・下痢(げり)・嘔吐(おうと)

  • 神経症状→痙攣(けいれん)・頭痛・めまい・意識消失

  • 循環器症状→血圧低下・頻脈

  • ショックから死亡



「アナフィラキシー」の原因は?

ハチのアナフィラキシーは重症です
  • ハチ毒
  • 薬物(ペニシリンなどの抗生物質が有名です)
  • 食物(ソバが有名です)

  • ラテックス
  • 物理的な刺激(光線・寒冷・温熱・運動)

  • などです。


次のページでは、アナフィラキシーの起こり方と対策をご紹介します。