ステロイド外用薬は、正確には、「副腎皮質ステロイドホルモン外用薬」といいます。今回は、このステロイド外用薬について詳しく説明したいと思います。


アンケート結果

「ステロイド外用薬は使いますか?」という質問にご回答いただきました結果です。ご協力ありがとうございました。
  
回答回答数
必要であれば使います45%48名
できれば使いたくない37%39名
使わない18%19名

という結果となりました。

かなり意見が分かれています。ステロイドに対する不安は、まだ大きいようですね。医師の中でも、皮膚科と小児科でステロイドへの意識が違うと言われています。しかし、必要であれば使う方が多いのは、「ステロイド外用薬には効果がある」ということを、ある程度理解されているためと感じました。


ステロイドの効果とは?

アトピーは、正確には「アトピー性皮膚炎」というように、皮膚の炎症です。その炎症を抑える薬の1つがステロイド外用薬です。ステロイドには、炎症があると体内から産生され、過度な免疫反応が起こらないように抑える作用があります。その作用を利用して外用薬・内服薬・静注薬などがあります。
注意しなければならないのは、ステロイドはアトピーの症状を和らげる薬であり、根本的に治す薬はないということです。

とは言え、アトピーの湿疹は、皮膚の炎症のため痒みを伴いますから、痒みから皮膚を掻いてしまい、掻く事でさらに炎症を強めてしまうという悪循環に陥りがちです。その悪循環を断ち切る手段の一つとして上手に使用するのには、とても有効な薬といえます。


どんなステロイド外用薬があるのでしょうか?

これ以外にもステロイド外用薬は多くあります
ステロイド外用薬は、その炎症を抑える作用から5つの分けています。英語の強さを活用し、分類しています。
  • スロトンゲスト(strongest:最も強い)
  • ベリーストロング(very strong:とても強い)
  • ストロング(strong:強い)
  • マイルド(mild:中等度)
  • ウィーク(weak:弱い)

そこで、代表的な製品を分類してみます。


次のページで、実際の薬を分類してみましたので、ご覧ください。