ただ蚊に刺されただけなのに、重い症状を引き起こすことがあるのを知っていますか? 蚊が多くなる季節の前に、今回は「蚊アレルギー」について説明したいと思います。

実は知らない蚊のあれこれ

蚊の口吻でヒトの血を吸います
まずは普通あまり知られていない蚊の生態について、軽く解説しましょう。

蚊は、昆虫でハエ目カ科に属します。オス・メスともに長い口吻を持ち、上唇で食物を吸収し、下面に唾液を送り込む管を持っています。蚊の主食は花のミツや草の汁などで、動物の血ではありません。血を吸うのは、メスだけで、産卵期に吸血します。

卵を発達させるために必要なタンパク質を得るために、動物の血液が必要なのです。体温や二酸化炭素などで動物を探し、血を吸うために寄ってきます。

蚊が血を吸う時に、こちらに送り込んでくる唾液は、刺した時に痛みを感じさせない麻酔作用や、血が空気にふれて固まるのを防ぐ作用などを持ついろんな成分が含まれています。これが唾液腺物質で、刺された後の腫れや痒みの原因になります。

蚊アレルギーとは?

赤い膨れた発疹です
蚊に刺された場所では、注入された唾液腺物質に対するアレルギー反応がおこります。これが、蚊アレルギーです。反応の強さによって症状が異なり、個人差が大きいのが特徴です。

このアレルギー反応には2種類あります。

  • 即時型反応:刺された直後からかゆみ、腫れ、発赤が出現
  • 遅延型反応:刺された翌日以降に発赤、腫れ、発疹、水疱などが出現

に分かれます。

特に乳幼児は体温が高く、蚊に狙われやすく、強い遅延型反応を起こすことが多いと言われています。

時に重症化する蚊アレルギーがあります。蚊に刺された部分の発赤や腫れだけでなく、全身に発熱、蕁麻疹などの全身症状が出てきます。

次のページでは、重症化する原因の1つをご紹介します。

免責事項