知っておいて損はない「蚊の生態」

蚊の生態

身近な存在でありながらも、命を落としかねない病気をも媒介する、怖い害虫である「蚊」。蚊の種類や生息場所、繁殖方法など、その生態について知っておきましょう。

出典: 蚊の生態 [害虫・害獣駆除] All About

蚊に刺されやすい人がいるってホント?

「こんな人が蚊に刺されやすい」のウソ・ホント

「O型」「肥満」「妊婦」「ストレスがない人」「子ども」など、蚊に刺されやすいタイプの都市伝説が色々ありますが、こちらを医学的観点から考えてみましょう。さらに、刺されにくくなる意外な方法も紹介しています。

出典: 『こんな人が蚊に刺されやすい』のウソ・ホント [医療情報・ニュース] All About

蚊が関与する病気はどんなものがある?

デング熱

アジア、アフリカ、中南米に多く見られるデング熱ですが、日本でも69年ぶり(2014年8月現在)に、国内患者の発症が確認されています。このウイルスが体内に入っても症状が出てくるのは10~50%と言われ、人から人への感染はありません。

出典: デング熱の原因・症状・治療 [感染症] All About

マラリア

人に感染するマラリアには4種類あり、蚊を通じて、感染後の時期により異なりますがヒトの肝臓と赤血球系、赤血球を処理する脾臓などに取り憑きます。数週間の潜伏期間を置いて、発症することが多いようです。

出典: 海外旅行では蚊に注意! マラリアとデング熱の危険性 [感染症] All About

日本脳炎

日本脳炎ウイルスを持った蚊に刺されることで感染してしまう日本脳炎。発症する確率は低いですが、脳炎が起きてしまった場合は、死亡率も高く、後遺症が残ることが多い病気です。

出典: 日本脳炎の感染経路・症状・予防・後遺症 [脳・神経の病気] All About

西ナイル熱

日本脳炎と非常に似ていて、蚊が媒介になること、脳炎を起こすことが共通していますが、米国で感染を繰り返し、2012年にアメリカ南部を中心に流行しています。日本では現在まで問題ありませんが、いつ発病しても不思議はありません。また、アメリカに旅行する時に要注意です。

出典: 西ナイル熱の感染経路・症状・予防・後遺症 [感染症] All About

蚊アレルギー

ただ蚊に刺されただけなのに蕁麻疹が出て、時に発熱などの重い症状を引き起こすことがあります。注入された唾液腺物質に対するアレルギー反応の強さによって、症状が異なり、個人差が大きいのが特徴です。

出典: 全身発熱・蕁麻疹…蚊アレルギーとは? [アレルギー] All About

その他にも、黄熱、フィラリアなど…様々な病を運びます。

最新情報は、厚生労働省検疫所「FORTH」でチェック

厚生労働省検疫所 海外で健康に過ごすためのの情報サイト「FORTH」

出典: FORTH|厚生労働省検疫所

駆除方法は?

基本的な蚊駆除の仕方

居ても当たり前、と長年目されてきた蚊ですが、都市化や居住環境の多様化により、その害の質や、駆除方法など少しずつ変化しています。薬剤の種類や発生源の対策など、基本的な蚊の駆除方法を紹介します。

出典: 蚊駆除の仕方 [害虫・害獣駆除] All About

蚊を気絶させてとる方法

せっかく蚊が退治できても後悔する場合があります。それは、潰した場所を汚してしまうこと。きれいな服や白い壁に、潰された蚊の汚れや血液がついてしまうと厄介です。気絶させ、ティッシュペーパーなどで包んで捨ててしまいましょう。

出典: 蚊を気絶させてとる方法 [暮らしの歳時記] All About

日常生活の中で蚊を避けるには

子どもも安心、オーガニックなアロマアイテムで対処

体温の高く、汗っかきの子どもが被害に合いやすい傾向があります。ケミカルな虫除けスプレーでは不安な場合は、アロマの虫除けグッズを使ってみませんか?

出典: アロマコスメ『パーフェクトポーション』で虫除け! [育児用品] All About

ハーブを植えて蚊をよける方法

殺虫剤や虫除けスプレーを使わずに、植物の力で蚊をよける方法や、アウトドアに出かける際の、ハーブを利用した虫除け対策の方法などを紹介しています。

出典: ハーブが活躍!虫除け対策 [家庭菜園] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項