蚊に刺されたときの対処法

「こんな人が蚊に刺されやすい」のウソ・ホントに医師がお答え!

「O型」「肥満」「妊婦」「ストレスがない人」「子ども」など、蚊に刺されやすい人の都市伝説が色々ありますが、医学的にみた正解は?刺されにくくなる意外な方法もご紹介!

出典: 『こんな人が蚊に刺されやすい』のウソ・ホント [医療情報・ニュース] All About

全身発熱・蕁麻疹…蚊アレルギーに注意!

ただ蚊に刺されただけなのに蕁麻疹が出て、時に発熱などの重い症状を引き起こすことがあることは意外に知られていません。意外に知られていない「蚊アレルギー」とは?

出典: 全身発熱・蕁麻疹…蚊アレルギーとは? [アレルギー] All About

蜂に刺されたときの対処法

特に要注意! スズメバチへの対策

夏になるとハチが活動性になります。全身のアレルギー反応であるアナフィラキシー・ショックを起こすことのあるスズメバチには特に注意してください。アナフィラキシーの予防と対策をご紹介します。

出典: スズメバチに注意! アナフィラキシー対策 [アレルギー] All About

蜂に刺されたときはまず局所に刺された針が残っていないかを確認。針が残っていたらピンセットなどで針を抜きます。その後、氷などで刺された箇所を冷やし、腫れや熱感、かゆさなどを軽減させます。落ち着いたところで抗ヒスタミン剤(かゆみ止め)を塗布し、必要に応じてステロイド剤(消炎鎮痛剤)なども塗布します。

リンク: ケガ・鼻血・虫刺され……いざというときの応急処置法 [運動と健康] All About

虫に刺されないための対策は?

蚊を寄せ付けないための基本的な方法

住まい周り・住まい内における蚊の駆除には、「飛んでいる成虫(メス)をその場で殺す」「発生源を根絶やしにする」の二柱を同時に実行していくことが肝要になります。

出典: 2/2 蚊駆除の仕方 [害虫・害獣駆除] All About

蚊に狙われやすい子どもは念入りな対策が必要

大人よりも子どものほうが蚊に狙われやすいということは、よく言われていると思うのですが、それだけではなく、一般に、大人に比べて、子どもは、蚊に刺されたときに重症化しやすい傾向があるので、余計に注意が必要です。

出典: 蚊の攻撃から、子どもを守れ! [男の子育て] All About

アウトドア、お出かけ前におさらいしたい虫刺され対策

アウトドアでせっかくの楽しい時間を台無しにしないために、なるべく虫に刺されないコツや、虫に刺されたときの対処法などについて学んでおきましょう。

出典: アウトドアお出かけ前の虫刺され対策 [アウトドア] All About

虫に刺されてしまったら適切な対処を!

虫刺されの薬の種類と選び方

虫刺されの薬には、どのようなものがあるのでしょうか。ステロイド入り、液体タイプ、軟膏やクリームタイプ、貼るパッチタイプなど形状もさまざま。正しい薬の選び方とは?

出典: 掻きすぎる前に!虫刺されのお薬 [薬] All About

かゆみ止めの薬の選び方と注意点

基本的には、かゆみだけなのか、かゆみだけでなく炎症を起こしているのか、という症状で薬を選ぶとよいそう。かゆみ止め薬を買う場合の注意点をご紹介します。

出典: しっしん・虫刺され かゆみ止めの薬 [薬] All About

ほかにも色々!夏に注意したい虫たち

蝶、蛾、毛虫がアレルギーの原因になることも

夏になると増える虫。実は、「蝶」「蛾」「毛虫」なども刺されると重症化するケースがあるので注意が必要なんです。

出典: 蝶、蛾、毛虫がアレルギーの原因に!? [アトピー性皮膚炎] All About

何の虫に刺されのかな?気になったら要チェック!

刺されるとかゆい虫、いたがゆい虫、いたい虫…。それぞれの症状の特徴とともに紹介されていますので、自分の症状を見比べてみましょう。

出典: 虫さされの原因となる虫|肌トラブル情報館|池田模範堂