運動誘発喘息とは

公園を走る男の子と女の子

スポーツの秋です。運動すると咳は出ませんか?

喘息の一種で、主に喘息を持っている人に多くみられます。名前の通り、運動後に喘息発作を起こします。逆に言えば、運動をしないと喘息は起きません。喘息以外のアレルギー疾患にも合併します。つまり、アトピーでも運動誘発性喘息になるのです。運動誘発喘息の頻度は、小児喘息で63%、喘息以外のアレルギーの病気で41%です(Bierman 1975)。子供に多いのも特徴の一つです。

運動誘発喘息の原因

運動すると、なぜ、喘息発作が出てしまうのでしょうか? 原因としては、
  • 気道から運動によって熱が取られるため
  • 気道から水分が取られるため
  • 運動後の乳酸が関与しているため
  • 運動時の自律神経のバランスが悪くなるため
などが考えられています。

運動誘発喘息の検査法

エルゴメーター、つまり自転車漕ぎです
運動がきっかけで喘息発作が起きるかを見る必要があるため、検査では運動負荷試験を行うことになります。
  • 自由走
  • マスターダブル(2段の階段を上がったり下りたりする運動)
  • トレッドミル(よくジムにある、傾斜のついたベルトコンベアーのようなものを使った運動)
  • 自転車エルゴメーター(簡単に言うと自転車こぎ)
  • フリーランニング(走る)

  • などの運動を行います。

肺活量などの呼吸機能を測定しますが、運動誘発喘息の場合、運動してから5~10分後に呼吸機能が低下します。多くの検査の場合は、特に治療しなくても20~30分後に回復します。

運動誘発喘息の治療法

水泳は、喘息にも効果的です
基本的には、喘息の治療法と同じです。吸入をしたり、内服薬を服用したりします。詳細は、「喘息を治すには、どうする?」を参照してください。しかし、何よりも重要なのは運動前の予防です。喘息が起きにくい運動をすることは、体や喘息の改善にとってもよいことです。そして、子供の成長・発達においても運動は重要な働きをしますので、あまり制限しすぎないようにしましょう。

■運動誘発喘息の少ない運動
水泳・剣道・野球などがお勧めです。適切な運動を続けることで運動誘発喘息がよくなります。もちろん、喘息発作時には、運動は控えた方がいいでしょう。

■準備運動をしっかりとしておく

■インターバル運動を行う
運動と休憩を今交互に行う。十分に休憩を取りましょう。

■マスクをつける
気道からの水分や熱の喪失を防ぐために、マスクをすると発作が減ります。

■運動前の吸入を行う
インタール・気管支拡張薬(サルタノール・メプチン・セレベント)の吸入を行う

まず重要なのは、運動したときに喘息が出ていないかどうかです。もし運動誘発喘息なら、きちんと対策をとることで運動はできます。
運動誘発喘息に関連して、「喘息の子供は運動してはいけないの!?」もあわせてご覧下さい。

豆知識
乳酸:筋肉に蓄積されたグリコーゲンがエネルギーに変わる時に生成。乳酸が筋肉に蓄積すると疲労感が出現。筋肉への血行が悪いと、乳酸の分解・代謝が遅く、疲労感が残る。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。