ゼイゼイ言わない咳が続く「咳喘息」になりやすい人の傾向

咳をする女性

喘鳴が無いのに咳が長く出ませんか?

咳喘息は、「喘息」とは別の病気です。喘息の場合、喉がゼイゼイ・ヒューヒューと言う「喘鳴(ぜいめい)」がありますが、咳喘息の場合、喘鳴はありません。慢性的に咳だけが続く病気で、確定診断は非常に困難です。

前述の通り、咳喘息は喘息ではありませんが、喘息の前段階と考えられています。アレルギー素因の人に多く、特に女性に多く見られ、再発を繰り返します。また、アトピーがある場合で喘鳴のない咳がひどく続く場合も、疑われる病気です。

咳喘息の症状・診断基準

咳喘息の症状では、痰が絡まない乾いた咳が多いですが、たまに痰が絡む咳も見られます。咳は、季節性と日内変動があり、夜間から早朝に見られることが多いようです。

少し難しくなりますが、咳喘息の診断基準を簡潔にまとめてみました。

■咳喘息の診断基準
  • 喘鳴(ゼイゼイ・ヒューヒュー)を伴わない咳が8週間以上持続する
  • 今まで、喘鳴、呼吸困難などの喘息になったことがない
  • 8週間以内に上気道炎(かぜ)にかかっていない
  • 気道過敏性の亢進(少ない量の刺激薬に気道が反応してすぐに気道が狭くなること)
  • 気管支拡張薬がよく効く
  • 咳感受性は亢進していない(咳をしやすい状態ではない)
  • 胸部X線で肺炎などの異常を認めていない

  • これらの項目の全てを満たすと「咳喘息」と診断されます。
しかし、これら全てを検査するのは大変ですので、太字部分の「喘鳴を伴わない咳が8週間以上続くこと」と「気管支拡張薬が効くこと」の2点で、咳喘息と診断する場合もあります。

ただし、咳が8週間も続いていて、無治療で様子見をすることはあまりないでしょう。3週間以上続くと、咳喘息の可能性があるので、病院を受診することをおすすめます。

咳喘息の検査法

咳喘息になっても、肺活量などの肺機能期検査はほぼ正常です。ただし、呼吸機能検査では肺に近い気管支が狭くなっていることを示すことがあります。血液検査やたまに出てくる痰の中には、好酸球と言う白血球が多くなっていることも見られます。また、咳喘息の場合は、息を吐いたときの呼気の中に、一酸化窒素が多く含まれており、一酸化窒素の値が高くなることが多いので、気道に炎症があると考えられています。

咳喘息は原因不明…悪化因子は風邪・喫煙・運動など

残念ながら咳喘息の原因は不明ですが、悪化因子はいろいろあります。一例を挙げると、
  • 風邪(かぜ)
  • タバコの煙
  • 冷たい風
  • 会話・運動
などです。この点は喘息の原因に似ていると言えます。

咳喘息の治療法・対処法…吸入ステロイドや気管支拡張薬

吸入ステロイドが効果的です
咳喘息の治療法は、基本的には喘息の治療と似ています。吸入をしたり、内服薬を服用したりしますが、詳細は「喘息を治すには、どうする?」を参照してください。

  • 吸入ステロイド薬(フルタイド・キュバール)
  • 気管支拡張薬
  • 抗アレルギー薬

咳喘息の場合、風邪薬、抗生物質、咳止めでは効果がありません。気管支拡張薬は、内服でも吸入でも使用します。診断基準にあるように効果はありますが、咳をなくすには、吸入ステロイド薬の方が効果的です。

まずは、医療機関で咳喘息と診断されないことには、効果的な治療を受けることができません。咳喘息は気管支喘息の治療に似ていますが、咳喘息をきちんと治療しないと、そのまま喘息に移行することもあると言われています。まずは喘息への移行を防ぐ意味でも、吸入ステロイド薬は有効と言えるのです。


豆知識
気道過敏性:薬剤を吸入させ、気道の収縮させるまでの量を測定する。器械を使って、気道の抵抗を測定します。気道が狭くなると、空気の通りが悪くなり、気道の抵抗が上がります。


喘息関連記事
アトピーと喘息の関係
【第1回】喘息の原因って何?
【第2回】喘息を治すには、どうする?
【第3回】運動で喘息が起きるのはなぜ?運動誘発喘息
【第4回】ゼイゼイ言わない喘息症状? 咳喘息とは
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。