2週間以上続く咳には要注意!

マスク

咳が続く時は要注意!

一言で咳と言っても、咳の原因となる病気を特定するのは意外と難しいもの。

埃を吸い込んだ時や、喉に異物感がある時に咳が出るのは、病気とは関係のない生理的な現象ですが、病気が原因となって咳が長引く場合があります。よくあるのは、一般的なかぜ症候群。かぜをひいた後、解熱後に咳だけがしばらく残った経験がある方は多いでしょう。また、花粉症を始めとするアレルギー反応として咳が続くことも考えられます。

いずれにしても、あまりに長期間続く咳症状には注意が必要。咳が2週間以上続く場合は、まずは内科を受診する事をお薦めします。喘息の始まりということもありますし、咳の原因がマイコプラズマ肺炎という可能性もあるからです。

マイコプラズマは培養が難しく、抗体検査も偽陽性が多いので確定診断が困難なケースもあります。しかし、マイコプラズマに有効な抗生物質を投与して症状が緩和すれば、結果的に咳の原因がマイコプラズマの可能性が高いということになります。また、病院でマイコプラズマと診断されれば、抗生物質により適切な治療を受けることができます。結核だけでなく、マイコプラズマも感染力が強いので、咳が長引く場合は放置せず、適切な検査を受けるようにしましょう。

マイコプラズマ肺炎についてさらに詳しく知りたい方は、「マイコプラズマ肺炎の症状・治療・予防法」や「流行開始か?マイコプラズマ肺炎の早期発見のコツ」を併せてご覧下さい。また、乳幼児や妊婦がかかった場合の対応方法については、「新生児・子ども・妊婦がマイコプラズマにかかったら…」を参照して下さい。

なお、本記事の他、長引く咳の原因については、「咳が止まらない…! 長引く咳の原因、考えられる病気は何?」に詳しくまとめてありますので、宜しければご覧下さい。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項