医師 / お風呂・温泉の医学 ガイド 早坂 信哉

はやさか しんや

お風呂・温泉の正しい情報を伝える 温泉療法専門医

1968年生まれ。宮城県出身。
1993年自治医科大学医学部卒業後、地域医療に従事。
2002年自治医科大学大学院医学研究科修了。博士(医学)を取得。
その後、浜松医科大学准教授、大東文化大学教授 などを経て
2015年東京都市大学人間科学部教授(現職)
一般財団法人日本健康開発財団温泉医科学研究所所長

得意分野

お風呂 入浴 温泉 健康法 健康づくり 睡眠 美容 介護 福祉 予防医学 総合診療 地域医療 これらに関する医学的研究の実施

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数38
執筆書籍数7

ガイドからの挨拶

これまで大学等で入浴・温泉に関する研究を20年以上して参りました。
研究では3万人以上の方の入浴を調査してきました。
入浴・温泉に関することは、幅広く多くの方にとって関心の高いテーマです。
医学分野における研究結果等をもとに、正しい情報を分かりやすくお伝えしたいと思っております。

ガイドの新着記事

  • コロナ疲れ解消に温泉旅行は大丈夫?温浴施設の感染リスクと対策法

    コロナ疲れ解消に温泉旅行は大丈夫?温浴施設の感染リスクと対策法

    【温泉療法専門医が解説】自粛疲れやコロナストレス解消に、温泉旅行や日帰り温泉に行きたい方もいるでしょう。温泉施設には現時点でコロナ対策ガイドラインはありませんが、温泉はもともと環境省や厚生労働省による指針もあり、塩素濃度や清掃など厳しい衛生管理が徹底されています。入浴マナーに気を付け、特に気になる方は露天風呂や貸切風呂、温泉付き客室を選ぶなど工夫して、健康維持に温泉を活用していきましょう。

    掲載日:2020年06月15日疲労回復法
  • 新型コロナと熱中症症状にある共通点…お風呂でできる熱中症対策法

    新型コロナと熱中症症状にある共通点…お風呂でできる熱中症対策法

    【医師が解説】感染対策のためのマスク着用により、熱中症患者数の増加が懸念されます。熱中症による病院受診者は例年40万人程度。熱中症の症状である発熱や頭痛、だるさなどは新型コロナの初期症状でも見られるため、見分けがつかない状態で対応する医療機関は大変です。熱中症になりにくい体は入浴中に作れます。上手な予防のコツを解説します。

    掲載日:2020年05月16日疲労回復法