医師 / お風呂・温泉の医学 ガイド 早坂 信哉

はやさか しんや

お風呂・温泉の正しい情報を伝える 温泉療法専門医

1968年生まれ。宮城県出身。
1993年自治医科大学医学部卒業後、地域医療に従事。
2002年自治医科大学大学院医学研究科修了。博士(医学)を取得。
その後、浜松医科大学准教授、大東文化大学教授 などを経て
2015年東京都市大学人間科学部教授(現職)
一般財団法人日本健康開発財団温泉医科学研究所所長

得意分野

お風呂 入浴 温泉 健康法 健康づくり 睡眠 美容 介護 福祉 予防医学 総合診療 地域医療 これらに関する医学的研究の実施

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数32
執筆書籍数7

ガイドからの挨拶

これまで大学等で入浴・温泉に関する研究をして参りました。
入浴・温泉に関することは、幅広く多くの方にとって関心の高いテーマです。
医学分野における研究結果等をもとに、正しい情報を分かりやすくお伝えしたいと思っております。

ガイドの新着記事

  • おんせん県大分で大規模調査!温泉へのこだわり・実感

    おんせん県大分で大規模調査!温泉へのこだわり・実感

    【温泉療法専門医が解説】「おんせん県おおいた」として知られる大分県。温泉の源泉数・湧出量ともに日本一を誇る温泉地です。今回は県庁職員3911人を対象に、大分県民の日常的な温泉の利用実態と温泉入浴によって感じている健康効果、それぞれのこだわりを調査しました。何と全国平均の10倍も温泉に入っているという実態も明らかに。詳しく解説します。

    掲載日:2018年04月04日疲労回復法
  • 環境の変化の疲れ・ストレスは「ぬる湯15分」で解消

    環境の変化の疲れ・ストレスは「ぬる湯15分」で解消

    【温泉療法専門医が解説】新生活が始まるシーズンは、環境の変化による疲れやストレスが溜まりがち。忙しくストレス解消の時間も取りにくい時期なので、毎日の入浴時間で効果的に解消していきましょう。交感神経の高ぶりを抑えて副交感神経を優位にする簡単な方法は、「ぬる湯に15分の全身浴」です。詳しく解説します。

    掲載日:2018年03月29日疲労回復法