医師 / お風呂・温泉の医学 ガイド 早坂 信哉

はやさか しんや

お風呂・温泉の正しい情報を伝える 温泉療法専門医

1968年生まれ。宮城県出身。
1993年自治医科大学医学部卒業後、地域医療に従事。
2002年自治医科大学大学院医学研究科修了。博士(医学)を取得。
その後、浜松医科大学准教授、大東文化大学教授 などを経て
2015年東京都市大学人間科学部教授(現職)
一般財団法人日本健康開発財団温泉医科学研究所所長

得意分野

お風呂 入浴 温泉 健康法 健康づくり 睡眠 美容 介護 福祉 予防医学 総合診療 地域医療 これらに関する医学的研究の実施

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数36
執筆書籍数7

ガイドからの挨拶

これまで大学等で入浴・温泉に関する研究を20年以上して参りました。
研究では3万人以上の方の入浴を調査してきました。
入浴・温泉に関することは、幅広く多くの方にとって関心の高いテーマです。
医学分野における研究結果等をもとに、正しい情報を分かりやすくお伝えしたいと思っております。

ガイドの新着記事

  • お風呂・入浴の健康効果…入るだけで健康になる5つの作用

    お風呂・入浴の健康効果…入るだけで健康になる5つの作用

    【温泉療法専門医が解説】お風呂は温かくて気持ちがいいだけではありません。私たちの健康状態を守ってくれる5つの作用があります。「温熱作用」「静水圧作用」「浮力作用」「粘性、抵抗性作用」「清浄作用」です。それぞれがどう体に働き、入浴の健康効果につながっているのかを解説します。

    掲載日:2020年03月14日疲労回復法
  • お風呂の温度の適温は?「熱めなほど温まって健康にいい」は本当か

    お風呂の温度の適温は?「熱めなほど温まって健康にいい」は本当か

    【温泉療法専門医が解説】毎日しっかりお風呂に入ることで、健康効果が得られることがわかっています。入浴による「温熱作用」で、血流改善による新陳代謝の活発化、筋肉や関節の痛みの軽減、リラックス効果などが得られます。ではお湯の温度は熱いほど健康によいのでしょうか? ちょっと意外な湯温の目安を解説します。

    掲載日:2020年03月13日疲労回復法