医師 / お風呂・温泉の医学 ガイド 早坂 信哉

はやさか しんや

お風呂・温泉の正しい情報を伝える 温泉療法専門医

1968年生まれ。宮城県出身。
1993年自治医科大学医学部卒業後、地域医療に従事。
2002年自治医科大学大学院医学研究科修了。博士(医学)を取得。
その後、浜松医科大学准教授、大東文化大学教授 などを経て
2015年東京都市大学人間科学部教授(現職)
一般財団法人日本健康開発財団温泉医科学研究所所長

得意分野

お風呂 入浴 温泉 健康法 健康づくり 睡眠 美容 介護 福祉 予防医学 総合診療 地域医療 これらに関する医学的研究の実施

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数34
執筆書籍数7

ガイドからの挨拶

これまで大学等で入浴・温泉に関する研究をして参りました。
入浴・温泉に関することは、幅広く多くの方にとって関心の高いテーマです。
医学分野における研究結果等をもとに、正しい情報を分かりやすくお伝えしたいと思っております。

ガイドの新着記事

  • 半身浴と全身浴、健康効果が高いのは結局どっち?

    半身浴と全身浴、健康効果が高いのは結局どっち?

    【温泉療法専門医が解説】体調に問題がない方に対しては、私は原則「全身浴」をお勧めしています。しかし半身浴の方が長い時間温まれるから健康によいという考え方もよく聞くものです。入浴によって身体が受ける「温熱作用」「水圧作用」「浮力作用」の観点から、全身浴と半身浴のそれぞれのメリット・デメリットを医学的に見てみましょう。

    掲載日:2018年10月18日疲労回復法
  • あせも・かゆみ・アトピー悪化予防にシャワー浴が有効

    あせも・かゆみ・アトピー悪化予防にシャワー浴が有効

    【温泉療法専門医が解説】紫外線や汗が原因の肌トラブルが増える季節。肌荒れやかゆみ、あせも、アトピー悪化などの予防には、こまめなシャワーで汗を流すのが効果的。汗が肌トラブルを引き起こす理由、シャワー浴のポイント、不感温浴や炭酸系入浴剤を利用して夏バテ予防も兼ねられる夏の正しい入浴法について解説します。

    掲載日:2018年07月19日疲労回復法