皮膚科医 / 皮膚の健康 ガイド 野田 真史

のだ しんじ

肌の疑問に答える日米での経験豊富な皮膚科専門医

東京大学医学部を卒業後、皮膚科診療を行う。皮膚科専門医。東京大学大学院医学系研究科卒業(医学博士)。ニューヨーク州医師免許を取得し、2014年からニューヨークのロックフェラー大学皮膚科で診療、研究。2016年東京大学医学部附属病院皮膚科助教。2018年7月1日、池袋駅前のだ皮膚科(https://tokyoderm.com)を開業。

得意分野

湿疹、アトピー性皮膚炎、乾燥肌、にきび、脱毛、シミ、イボ、乾癬(かんせん)、赤ら顔(酒さ)

活動実績

執筆ガイド記事本数51
メディア掲載実績2
執筆書籍数1

ガイドからの挨拶

みなさん、こんにちは。日米で皮膚科の診療経験を積んできた皮膚科専門医の野田真史です。

小学生~高校生の時期に重いアトピー性皮膚炎に悩まされていた経験から、皮膚のトラブルを解決したいと思い、皮膚科医を志しました。私が医師になってからの10年間にも次々と新しい治療が使われるようになり、医療は日々進歩しています。そんな最新の医療を学ぶべく、これまで日本、アメリカと多くの学会で日々の診療や研究で得られた知見を発表し、国をまたいで多くの皮膚科医と交流してきました。そこで気づいたことは、医療は進歩し続けているのに、患者さん、つまり医療関係者以外にはあまり情報がシェアされていないということでした。一対一で患者さんに私のもっている知識や経験を伝えることはできますが、もっと幅広い方々と知識や経験を共有して、皮膚病の予防やスキンケアの向上を図りたい、そう願っています。

私は幸いすばらしい先生方に出会いアトピー性皮膚炎は治りました。それでも「あの頃に湿疹、アトピー性皮膚炎やその治療のことをよく知っていればよりよく対処できたのに!」と思うことがあります。わずかな知識の差、予防法の差で皮膚の状態はよくなったり悪くなったりします。みなさんの皮膚の健康に役立てるよう、わかりやすく丁寧に、最新の皮膚情報をお伝えしていきます。

メディア掲載実績

雑誌オレンジページ
家の中から追い出したい! イヤ~なあの虫グッバイ宣言
2018年08月02日
雑誌MONOQLO
蚊300匹 VS 編集部 50の正解
2018年07月19日

ガイドの著書

ガイドの新着記事

  • かかとのガサガサを治したい!自分で角質を削るのは危険?

    かかとのガサガサを治したい!自分で角質を削るのは危険?

    【皮膚科医が解説】かかとのガサガサは厚くなった角質で、すぐに改善させるのは難しいものです。自分で軽く削ったり、軽石でこすったり、市販薬を使用したりしている方も多いと思いますが、水虫などの病気が原因のこともあります。かゆみや痛みなど気になる症状がある場合は皮膚科やクリニックを受診しましょう。保湿力の高い塗り薬で根気よく対処することも重要です。

    掲載日:2019年06月20日皮膚・爪・髪の病気
  • 蒙古斑はなぜできる?日本人(アジア人)に多い原因

    蒙古斑はなぜできる?日本人(アジア人)に多い原因

    【皮膚科医が解説】赤ちゃんの腰からおしりにかけてよく見られる青あざ「蒙古斑(もうこはん)」は、日本人にはなじみ深いと思います。アジア人では9割の赤ちゃんにある蒙古斑ですが、白人ではほとんど見られません。なぜ蒙古斑はできるのか。消えない場合は治療が必要なのか、解説します。

    掲載日:2019年06月07日皮膚・爪・髪の病気