皮膚の健康 ガイド 野田 真史

のだ しんじ

肌の疑問に答える海外経験豊富な皮膚科専門医

幼少時にアトピー性皮膚炎をわずらい、医師を志す。東京大学医学部を卒業後、皮膚科診療を行う。皮膚科専門医。皮膚科研究にも興味をもち、 東京大学大学院医学系研究科卒業(医学博士)。ニューヨーク州医師免許を取得し、2014年からニューヨークのロックフェラー大学皮膚科で湿疹の研究を行う。

得意分野

湿疹、アトピー性皮膚炎、乾燥肌、にきび、脱毛、シミ、乾癬(かんせん)

活動実績

執筆ガイド記事本数31

ガイドからの挨拶

みなさん、こんにちは。ニューヨーク在住の皮膚科医、野田真史です。

小学生~高校生の時期に重いアトピー性皮膚炎に悩まされていた経験から、皮膚のトラブルを解決したいと思い、皮膚科医を志しました。私が医師になってからの8年間にも次々と新しい治療が使われるようになり、医療は日々進歩しています。そんな最新の医療を学ぶべく、これまで日本、アメリカと多くの学会で日々の診療や研究で得られた知見を発表し、国をまたいで多くの皮膚科医と交流してきました。そこで気づいたことは、医療は進歩し続けているのに、患者さん、つまり医療関係者以外にはあまり情報がシェアされていないということでした。一対一で患者さんに私のもっている知識や経験を伝えることはできますが、もっと幅広い方々と知識や経験を共有して、皮膚病の予防やスキンケアの向上を図りたい、そう願っています。

私は幸いすばらしい先生方に出会いアトピー性皮膚炎は治りました。それでも「あの頃に湿疹、アトピー性皮膚炎やその治療のことをよく知っていればよりよく対処できたのに!」と思うことがあります。わずかな知識の差、予防法の差で皮膚の状態はよくなったり悪くなったりします。みなさんの皮膚の健康に役立てるよう、わかりやすく丁寧に、最新の皮膚情報をお伝えしていきます。

ガイドの新着記事

  • ステロイドの塗り薬(外用薬)の種類・効果・副作用

    ステロイドの塗り薬(外用薬)の種類・効果・副作用

    【皮膚科医が解説】ステロイドと聞くと、副作用が怖いと思う方も多いようですが、特に塗り薬の場合、正しく使えば湿疹や痒みなどの症状を抑える効果は高く、副作用もまず出現せず安全です。ステロイド外用薬の強度別の種類、各製品名、副作用、顔への使用、乳幼児や妊娠中、授乳中の使用可否など、上手なステロイド使用法の基本を詳しく解説します。

    掲載日:2017年07月21日皮膚・爪・髪の病気
  • 【症例写真あり】蕁麻疹の症状・治療・市販薬

    【症例写真あり】蕁麻疹の症状・治療・市販薬

    【皮膚科医が解説】痒みのある赤い発疹が、突然体中に出る蕁麻疹。蕁麻疹は大人にも子どもにも起こる全身のアレルギー反応ですが、原因は様々で特定できないことも少なくありません。食物アレルギーによるものも多いです。湿疹との見分け方、急性蕁麻疹・慢性蕁麻疹の違い、市販薬を含む抗ヒスタミン薬や、処方薬のステロイドでの治療法・対処法を解説します。

    掲載日:2017年07月13日皮膚・爪・髪の病気