西村 典子

アスレティックトレーナー / 運動と健康 ガイド 西村 典子

にしむら のりこ

日本体育協会公認アスレティックトレーナー、NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト。10年以上に渡り、スポーツ現場でトレーナー活動を行っています。資格と現場経験を活かし、健康づくりに役立つ、実践しやすい運動のコツをご紹介します。

ガイド記事一覧

  • 生理中にしてはいけない運動・効果的な運動

    生理中にしてはいけない運動・効果的な運動

    【アスレティックトレーナーが解説】生理中の運動は、貧血傾向になりやすく、精神的に沈みがちになったり、だるさや生理痛に悩まされたりするので、激しい運動や筋トレは控えた方がベター。しかし、生理痛の軽減やストレス解消にも効果的な、生理中こそ積極に取り入れたい運動やエクササイズもあります。具体的な方法を含め、アスレティックトレーナーが詳しく解説します。

    掲載日:2019年04月19日運動と健康
  • 柔軟体操の効果とは?柔軟性を高める運動法

    柔軟体操の効果とは?柔軟性を高める運動法

    【アスレティックトレーナーが解説】柔軟性が高く筋肉がほぐれていると、身体にとって様々な効果やメリットがあります。運動する時間がなくて体が硬い方は、手軽なストレッチから始めてみましょう。まずは柔軟性をセルフチェックしてみた上で、柔軟性を高める効果的なストレッチのコツを押さえましょう。

    掲載日:2019年04月19日運動と健康
  • 久しぶりの運動再開で失敗しないために

    久しぶりの運動再開で失敗しないために

    【アスレティックトレーナーが解説】学生時代の運動経験や、かつての運動習慣で自信があっても、運動再開時には注意が必要。忙しさや季節を理由にしばらく運動から遠ざかっていると、急な運動の再開で思わぬケガやトラブルが起きてしまうことがあります。久しぶりに運動するときの注意点を押さえて、安全に運動を楽しみましょう。

    掲載日:2019年02月08日運動と健康
  • メタボ・寝たきり予防にも効果!中高年の筋トレ

    メタボ・寝たきり予防にも効果!中高年の筋トレ

    【アスレティックトレーナーが解説】「もう若くないから」「トレーニングはきついから」と諦めていませんか? 筋トレを始めるのに年齢は関係ありません。適切な運動量と頻度を守って、メタボ対策にも寝たきり予防にも効果大の運動習慣を身に付けましょう!

    掲載日:2019年02月07日運動と健康
  • 二の腕のタプタプたるみを解消する簡単トレーニング

    二の腕のタプタプたるみを解消する簡単トレーニング

    【アスレティックトレーナーが解説】40代頃になると気になり始める方が多い、二の腕のタプタプとした「たるみ」。本格的な器具などがなくても、すき間時間やペットボトルだけでできる簡単な二の腕痩せトレーニング法をご紹介します。

    掲載日:2019年02月06日運動と健康
  • 運動してはいけない時間帯・運動効果が高い時間帯

    運動してはいけない時間帯・運動効果が高い時間帯

    【アスレティックトレーナーが解説】運動効果や運動によるダイエット効果を期待する場合、避けるべき時間帯があります。運動をすべきでない時間帯と、運動効率のよい時間帯を把握して、効果的な運動習慣を取り入れていきましょう。

    掲載日:2019年02月05日運動と健康
  • 運動習慣をつけるには?楽しく継続する4つのコツ

    運動習慣をつけるには?楽しく継続する4つのコツ

    「ダイエットしたいのに運動習慣がつかない」「健康に良いとわかっていても長続きしない……」そんな現実に、既に諦めている方も多いはず。実際に、厚生労働省の調査では「20代~40代女性の8割」が運動不足と発表されているのです。今回は運動習慣を無理なく、楽しく継続するためのコツを紹介します。

    掲載日:2018年12月04日運動と健康
  • 心肺機能強化!室内でもできる有酸素運動

    心肺機能強化!室内でもできる有酸素運動

    有酸素運動といって思いつくのはウオーキングやジョギング、水泳など屋外で行うものではないでしょうか。一般的には「十分に長い時間をかけて呼吸・循環器系の機能を刺激し、身体の内部に有益な効果を生み出すことのできる運動」と定義されていますが、何も特別なことを始めなくても、身体を動かし続ける活動はすべて有酸素運動に含まれます。今回は室内で行うことのできる有酸素運動をご紹介したいと思います。

    掲載日:2018年12月04日運動と健康
  • 有酸素運動は20分以下の細切れ時間でも効果あり

    有酸素運動は20分以下の細切れ時間でも効果あり

    【アスレティックトレーナーが解説】ウオーキングやジョギングなどの「有酸素運動」は20分以上続けないと効果がない? 溜まった脂肪を健康的なダイエットで減らしたいと思っていても、毎日時間確保ができないと諦めていませんか? 実は運動は必ずしも長時間続けなくても効果があるのです。スキマ時間での細切れ運動を積み重ね、無理なく脂肪を減らしましょう!

    掲載日:2018年12月03日運動と健康
  • 準備運動・基本のダイナミックストレッチ

    準備運動・基本のダイナミックストレッチ

    怪我や筋肉痛の予防、心身の準備のためにも、運動前の準備運動やストレッチはとても大切です。初心者の方でも無理なく始められる、まず覚えておくべきおすすめウォームアップをご紹介します。

    掲載日:2018年12月03日運動と健康