運動不足解消や健康づくりにも! 朝ランニングの健康効果

朝ランニングを楽しむ夫婦

朝の運動習慣にも最適な朝ランニング。走り始める前に知っておくべき注意点とは?

早朝から一人でもくもくと走っている人、家族や友達同士でゆっくりと走っている人など、近所の公園をのぞいてみると、さまざまな人たちが朝の習慣としてランニングをしている場面に出くわします。

現在は人と適度な距離をとり、会話は控えながらのランニングですが、「運動不足解消のために」「健康のために」という人から「マラソンを目標に」という人まで、それぞれの目的があり、ペースもさまざま。朝活としてのランニングはすっかり市民権を得た印象があります。
 

ランニングの効果……夜ランにはない朝ランのメリット・魅力

「ランニングは朝と夜、どちらがおすすめですか?」と尋ねられることがありますが、実は適した時間は人それぞれ。まずは生活リズムにあわせて、無理のない時間帯で運動習慣をつけることが大切です。

ただ夜は朝に比べて疲れていたり、急な予定が入ってランニングの時間がとれなくなったり、といったことが考えられます。

その点、朝のランニングは予定が立てやすく、一日のスケジュールにあわせて短い時間に集中して行うことが可能です。また起床後に日光をあびることで、脳が覚醒し、すっきりした状態で一日を過ごせます。朝のランニングによって体温が上がり、体脂肪をエネルギーとして積極的に消費することが期待できる点も、朝ランニングの魅力と言えるでしょう。
 

朝ランニングの起床時間・走る距離の目安

朝ランニングを毎日の運動習慣に取り入れる場合、何時ごろ起きるのがよいか気になる方もいるようですが、これは一概には言えません。貴重な朝の時間帯にランニングができる時間は人それぞれですし、健康的な起床時間も生活習慣によります。起床時間よりも大切なのは、起きてからすぐランニングを始めるのではなく、体の準備を行えるよう少し余裕をもって起床することです。
 
走る距離の目安についても、必ず何キロ走らなくては朝ランの効果がない、といった決まりはありません。まずは継続して、運動習慣として定着させることを目標に、自分のペースと時間にあわせながら、適度な距離を見つけていきましょう。時間の余裕があるときは少し長めに走るなど柔軟に行うのが長続きさせるコツと言えるでしょう。
 

朝ランで注意すべき2つのNG行為……水分・エネルギー補給とストレッチは必須!

朝ランニングを行う時、2つの注意点があります。
  • 水分補給・エネルギー補給をしないまま走ること
  • ストレッチをしないまま走ること
この2つは、朝ランニングをする時に避けるべきNG行為です。

起床時の体は長時間にわたって水分やエネルギーを補給していないため、軽度の脱水状態であり、エネルギー不足です。起きてそのままランニングを開始してはいけません。

ランニングを始める前には水分補給と軽食などでエネルギーを補給することが大切。一方でしっかりと朝食をとってしまうと体が重く感じたり、胃腸への負担が増してお腹が痛くなったり、といったことが起こりやすくなります。ランニング前の軽食としては糖分が含まれて気軽にとれるバナナやゼリー、クッキー、ドライフルーツなどがオススメです。また固形物ではなく糖分が含まれるフルーツジュースやスポーツドリンク、スムージーなどもいいと思います。
 
また、朝の体は筋肉がかたくなっているだけではなく力も入りにくいため、いきなり走り出すと思わぬケガをしてしまうことがあります。運動を始める前には必ずストレッチを行うようにしましょう。ラジオ体操のような全身を動かしながら伸ばす動的ストレッチ(アクティブストレッチ)や、屈伸や伸脚などの準備体操のようなものでかまいませんので、ストレッチとランニングはセットで実践しましょう。ラジオ体操の運動効果については「ラジオ体操の効果・メリット」でも詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

 

朝ランニングで実感できる効果はさまざま! 身構えすぎずスタートを 

朝のランニングが習慣化している人は多かれ少なかれ、そのメリットを体感している方が多いのではないかと思います。健康のために走る、運動不足の解消として走る、走ると頭がスッキリして前向きな気持ちになるから走る。何となく朝から走るのが面倒だったり、自分にはできないのではないかと思ったりすることもあると思いますが、まずは生活リズムを整えるという軽い気持ちで朝のランニングを始めてみてはいかがでしょうか。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項