運動と健康

足裏の疲れは100均の青竹で解消!手軽なケア方法と効果・メリット

【アスレティックトレーナーが解説】100均でも買える青竹は、手軽な足裏セルフケアの強い味方! 足裏は特に疲れがたまりやすい部位の一つですが、青竹踏みで簡単にながらケアできます。青竹踏みを続ければ、足裏刺激・足底筋ほぐしができ、全身の血流改善やふくらはぎのむくみ改善、運動不足解消、心身のリフレッシュなどさまざまな効果が期待できます。簡単な青竹活用法をご紹介します。

西村 典子

執筆者:西村 典子

アスレティックトレーナー / 運動と健康ガイド

たまりやすい足裏の疲れ……効果的で簡単なセルフケアの方法は?

青竹踏み

青竹踏みは手軽にできる足裏ケアの一つ。裸足で実践することが基本。

長時間の立ち仕事や、たくさん歩いた後など、一日の終わりに重だるい足を投げ出してグッタリしてしまった経験はないでしょうか? 立っているときは両足裏に全体重がかかっていますが、足裏の面積は体全体の大きさからすると極端に小さいもの。ここに歩いたり走ったりといった動作が加わると、体重以上の負荷がかかるため、足裏に疲労がたまってしまうのは無理もないことです。

疲れを感じたときや筋肉が張っているときは、気になる部位をほぐしたり、ストレッチをしたりすることと思います。足裏にも同じようにセルフケアが必要です。手軽に実践できる足裏ケアの方法として、今回は「青竹」を使ったおすすめのケア方法をご紹介します。
 

青竹踏みの運動効果・健康効果……足裏刺激で全身の血流もアップ! 

「青竹踏み」は、昔ながらの竹や、竹の丸みを再現した合成樹脂などでできたグッズが一つあれば、どこでも手軽にすることができます。最近は100円ショップなどでも青竹踏みができるグッズが売られていますので、見かけたことがある方も多いでしょう。これらの青竹グッズを踏んで足裏に刺激を加えるだけで、筋肉の緊張などをゆるめるエクササイズが可能です。

方法は簡単。できれば裸足になって丸みを帯びた部分に体重をかけ、その場で足踏みを繰り返すだけです。初めて行うときに刺激が強く、足裏が痛いと感じる場合は靴下を履いた状態でも、座った状態でも構いません。慣れてきたら5分から10分程度を目安に行ってみましょう。

直接刺激が加わるのは足裏のみですが、足裏が温かくなるだけではありません。しばらく続けると、体の末端が刺激されることで、体全体の血流改善にもつながります。また足裏には足底筋をはじめ、さまざまな筋肉がついています。緊張した筋肉をほぐしてゆるめることで、足指や足首の動きがよくなったり、ふくらはぎの筋肉も動かされて足のむくみ改善につながったりといったことも期待できます。さらに他のエクササイズと同様に運動効果の一つとして、心身のリフレッシュ効果なども挙げられます。青竹踏みは足裏セルフケアでありながら、その影響は足裏にとどまらず体のさまざまな部位に影響をもたらすものであると言えるでしょう。
 

「ながら運動」にも最適! 運動が苦手な人にも始めやすい青竹踏み

青竹踏みのエクササイズは日常生活の中に組み込みやすく、「ながら運動」しやすいことも大きなメリットです。台所に置いておけば食器を洗うついでに、洗面所に置いておけば歯磨きや洗顔のついでに青竹踏みをすることができます。テレビを見ているときも、座った状態でながらで青竹踏みを行ったり、CMの間だけ立って踏んだりすることで、活動量がアップし、運動不足の解消にもつながります。これが習慣となってちょこちょこと青竹踏みを繰り返しているうちに、ふくらはぎのシェイプアップや基礎代謝の向上など、思いもよらない副産物がついてくるかもしれません。

運動不足で悩んでいる方や、改めて運動を始めるのは少しハードルが高いと感じている方は、まずは普段よく過ごしている部屋やよく使う場所に、青竹踏み用のグッズを一つ置いてみてはいかがでしょうか? 手軽に始められる青竹踏みから、ぜひ運動効果を実感してみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます