運動に向かない食後、就寝前

公園で運動する人々

運動に適した時間帯を知ろう

まずは運動にはあまり適さないとされている時間帯から確認してみましょう。運動の種類に限らず、食事直後(30分以内)や極端な空腹時は過度な運動を避けるようにしましょう。食事後の身体は、食べ物を消化吸収するために胃腸に血流が集中しているので、この状態で運動を始めてしまうと筋肉にもより多くの血流を送らなければならず、本来必要である胃腸への血流が十分に行き渡らず、消化不良を起こしやすくなります。また極端な空腹時には血液中の糖分が不足し、十分なエネルギー源が確保できません。エネルギー源の乏しい状態で運動を続けると、人によってはめまいを起こしたり、注意力散漫になってケガをしたりといったことが考えられます。早朝に運動を行う場合は、軽食や糖分を含む飲み物(スポーツドリンク等)、バナナなどの果物をとった後に行うようにすると、こうしたリスクを下げることができます。

仕事などでどうしても夜しか運動する時間が確保できないという方は、なるべく就寝直前を避けるようにして運動を行うようにしましょう。寝る直前に激しい運動を行うと、交感神経が活性化して寝つきが悪くなってしまいます。就寝前に行う運動としては副交感神経が優位になるような、リラックスしてできるストレッチなどがオススメです。

運動直後に食事をとると食べ過ぎる?

ハンバーグランチ

運動後は食事がおいしくて困る?

運動をすると気分もスッキリ、身体も心地よい疲れを伴い、おいしいものを食べたくなるところですが、運動直後に食事をしてしまうと必要以上に食べ過ぎてしまいがちです。こうしたことは経験された方も多いのではないでしょうか。なるべく食事は運動を終えてから30分程度、時間をおいて食べるようにしましょう。また運動してからしばらくは体脂肪を燃焼しやすい状態になっているといわれるため、この時間に食事をとってしまうと、せっかくの脂肪燃焼作用が食べ物の消化吸収活動へとシフトしてしまいます。運動後には水分を十分取ってクールダウンを行い、時間をおいてから食事をするということを心がけましょう。

午前中がベストタイミングの理由

「朝の時間を有効活用!朝運動が身体にいいワケ」でもご紹介しましたが、朝の時間帯は運動効果が高く、何も運動をしない時と比べて基礎代謝が10%程度あがった状態で日中を過ごすことができるといわれています。ただし起床直後は身体が十分に起きていないため、ウォーミングアップを入念に行い、軽食などをとって空腹状態を改善してから運動を始めると良いでしょう。また朝の時間は比較的自由に設定できるところも大きなメリットです。夕方や夜、帰宅後に運動を行おうとしても日中の予定次第では、そういった時間が取れなくなってしまうことも十分に考えられます。その点、朝の時間帯は仕事や急を要する予定が入ることも少なく、自由に時間をマネジメントできる利点があります。ただし朝に運動を継続して行うためには、日頃の生活習慣を見直し、夜更かしして睡眠不足にならないように注意しましょう。

お昼休みに簡単な運動を継続する

コンビニ

少し遠いコンビニに出かけてみよう

朝の時間帯もむずかしく、夜帰宅してから運動するには時間がないという人には、仕事の合間やお昼休みなどを利用して身体を動かしてみましょう。もともと日中はエネルギー代謝が活発であり、身体を動かす時間としては適しています。お昼休みとなると食事との兼ね合いが難しいという点は否めませんが、軽い運動であれば食後でも問題ないでしょう。私がオススメしたいのはランチウオーキング。職場や出先近くのお店を何軒かピックアップしておき、食事前に歩いてお店にいきます。短い時間でも問題ありませんが、少し距離のある場所だとウオーキングの距離も長くなるのでさらに効果が期待できます。コンビニも一番近くの店にいくのではなく、少し遠方まで足を伸ばしてみるといったことを毎日続けるだけでも運動不足解消につながります。

せっかく運動するのであれば運動に適した時間帯を選びたいものですよね。それぞれの時間帯で気をつけたいこと、メリット・デメリットなどがありますので、皆さんのライフスタイルにあった時間帯を探して運動をしてみるのはいかがでしょうか。