ストレス ガイド 大美賀 直子

おおみか なおこ

メンタルヘルスの分野を中心に執筆するカウンセラー、ライター。精神保健福祉士、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントの資格を持つ。現代人を悩ませるストレスに関する基礎知識と対処法を解説。ストレスやメンタルコントロールに関する著書・監修多数。株式会社ハートセラピー登録研修講師・カウンセラー

ガイド担当テーマ

ガイドからの挨拶

ストレスはピリリと辛い人生の刺激物。少ないと味気なく感じ、多すぎると体を壊してしまいます。

気候や自然環境、社会情勢の変化など、わたしたちをとりまく環境は常に移り変わっています。またわたしたち自身も、日々成長や老化の過程をたどるなか、変わらない状態でいつづけることなどありえません。

こうした中、わたしたちは日々新しい問題や出来事に遭遇し、戸惑いを感じつつ変化に適応していきます。つまり、生きるということは常にこうしたストレスのもと(ストレッサー)と対峙することなのだといえるでしょう。

ストレスには不安や過労などの「悪いストレス」と感動や希望などの「よいストレス」があります。毎日を豊かに生きるためには、気持ちの切り替えや生活の改善などにより「悪いストレス」をできるだけ少なくし、「よいストレス」を適度に取り入れることが大切だと思います。

ここでは、まずはストレスの正体を知り、悪いストレスをためないためにどう対処したらよいのかについてお伝えしていきたいと思います。

メディア掲載実績

雑誌日経ビジネスAssocie
「コミュニケーション改善」科 手帳で「見方」を変えれば 人づき合いはうまくいく
2017年04月10日
新聞シティリビング仙台
大人の友だち作りや付き合いが ラクになる心得
2017年02月24日
新聞シティリビング東京
15時ブレイク 専門家に聞く!だから休憩は必要!~心編~
2017年01月06日
雑誌シティリビング東京
“15時ブレイク”で心も体もスッキリ
2015年10月02日
雑誌からだにいいこと
「ご近所のトラブル解決」 これが正解!
2015年06月16日

ガイドの新着記事

  • 梅雨時のうつ気分を解消!ネガティブ思考への対処法

    梅雨時のうつ気分を解消!ネガティブ思考への対処法

    憂うつな梅雨シーズンは、「気分一致効果」が働き、思考もネガティブになりがち。物事を深く考えすぎない方がよい季節です。梅雨にうつ状態に陥らないようにするために効果的な大賞法は何でしょうか? 気分をケアする音楽選びのコツは? 梅雨の季節を快適に過ごすためのメンタル管理術をお伝えします。

    掲載日:2017年05月25日ストレス
  • 梅雨は憂うつ…梅雨時にうつ気分になりやすい理由

    梅雨は憂うつ…梅雨時にうつ気分になりやすい理由

    梅雨になると憂うつで、疲れやすく、だるい……。梅雨時は気分も滅入りがち。解消されないイライラ、モヤモヤ、うつうつとした気分になってしまうのはなぜでしょうか? 湿度の高さと気温が、気分に与える影響について解説します。

    掲載日:2017年05月24日うつ病