「見捨てられ不安」は、信頼する人が離れていくことへの強い不安

携帯を見る女性社員

いつも恋人や友達がそばにいないと不安でたまらない…そんな気持ちは「見捨てられ不安」のせいかもしれません

恋人をいつもそばに感じていないと、不安でいっぱいになる。仲のよい友だちに別の友だちができると、たまらなく寂しくなる……。このように、信頼している人との間に少しでも距離を感じると、見捨てられてしまったような不安が高まり、いてもたってもいられない気持ちになることを、「見捨てられ不安」といいます。

たとえば恋人や友達に頻繁にメッセージを送って、すぐに返信をくれないことに強く心配してしまう。相手を失うのが怖くて、相手の言いなりになってしまう。批判的な言葉を受けると裏切られたような気持ちになり、深く傷ついてしまう。

このように「見捨てられ不安」が強い人には、生きにくさのなかにいる方が少なくありません。
 

「見捨てられ不安」の多くは、幼いころから続いている思いぐせ

抱っこされている子ども

幼いころに十分に受け止められた経験が、安定感につながる


では、「見捨てられ不安」はなぜ生じるのでしょう?

見捨てられ不安は、幼い頃に親などの信頼している大人から、「十分に受け止められた」「安心感をもらえた」という実感を持てなかった場合に生じることがあると言われています。

「一人でいられる自信」や「安定感」は、情緒が大きく育っていく子どものころに、そばにいてくれる大人との関係のなかで培われていきます。

赤ちゃんは、泣いたときにすぐに抱っこされたり、世話をしてもらえることで安心を感じます。歩き始めた子どもは見守られることで、安心して外の世界に足を伸ばしていきます。

かんしゃくを起こした子は苛立ちを受け止められることで、「素直な感情を出しても大丈夫」と感じます。集団の中にいる子は、安心して過ごせる場があることによって、外でも勇気を出して活動することができます。
 

「相手を失いたくない」という不安から、相手を束縛してしまうことも

こうした成長のなかで、「大切な人がいつもいてくれるから、ありのままの自分でいて大丈夫」といった思いを持てないまま大きくなると、心のどこかに「見捨てられるのではないか?」という不安がつきまとってしまうことがあります。

すると、たとえば大人になってから信頼する人ができたときに、「この人を失いたくない」という不安が強くなって、その人との親密な関係を保つことにこだわってしまうことがあります。こうして相手を束縛すると、相手はその関係を負担に感じ、距離ができてしまうことも少なくありません。

それでは、見捨てられ不安をどのように改善できるのでしょうか? 大切なのは、自分自身の考え方や行動をよく見つめ直してみることです。ここでは、お勧めしたい3つの対処方法をお知らせします。
 

見捨てられ不安への対処1:不安の背景を知る

考えている女性

「私の中にはどんな不安があるの?」じっくりと見つめてみましょう


一つ目は、不安の背景を知ることです。

前述した通り、見捨てられ不安は、幼いころから続いていることが多いと言われています。幼いころの自分を振り返ってみましょう。つらかったときにどのように受け止められ、どのような言葉がほしかったですか?

まずは、自分の不安な気持ちがどこから来ているのか、不安な気持ちと付き合うために何を求めてきたのか、じっくりと自分の気持ちを見つめてみましょう。
 

見捨てられ不安への対処2:不安との折り合いをつける

二つ目は不安と折り合いをつけることです。

見捨てられ不安が強いと、「不安な気持ちを今すぐに解消したい」という欲求が高まることがあります。そのため、友だちや恋人に今すぐに不安を受け止めてほしくなります。

しかし、こうした行動を繰り返していると、相手はその気持ちに対応しきれなくなりますし、自分自身もストレスに強くなれなくなってしまいます。

では、不安な気持ちが高まった時には、どうしたらいいのでしょう? たとえば、他のことに気持ちを向けて不安をやりすごしてみること。また、しばらくの間、その気持ちを抱えてみること。こうしたことを心がけてみましょう。

また、友だちや恋人と話をするときにも、「今日は1時間だけ、話をしようね」というように、あらかじめ話す時間の上限を設定しましょう。そして、「まだ話し足りない」と思っても、時間がきたら予定通りに話を終えること。また、「今すぐ会いたい!」と思っても、次回会う約束をしている日までは、がまんしてみましょう。
 

見捨てられ不安への対処3:心の中の「子どもの私」を安心させる

 
海辺を歩く女性

自分の中に棲んでいる「子どもの私」の気持ちに気づき、安心させてあげましょう


三つ目は、「子どもの私」の不安を安心させることです。

見捨てられ不安は、心の中に残る未消化な「子どもの私」が感じている不安だと言われています。「子どもの私」が持っている、「見捨てないで!」「私だけを見て!」「勝手にどこかにいかないで!」といった感情だと考えられています。

いてもたってもいられない不安を感じたら、「この不安は『子どもの私』が感じている不安なんだ」と、自分の心に言い聞かせてみましょう。そして、「心配しなくても大丈夫」「さびしかったね。でも、心配いらないよ」というように、自分自身で「子どもの私」に語りかけて安心させてあげるといいでしょう。

そして、目の前の不安を抱えられたときには、「よくがまんできたね」と「子どもの私」に語りかけるとよいでしょう。
 

見捨てられ不安が強い場合、カウンセラーや医師に相談しましょう

このように、見捨てられ不安を抱えている人は不安の背景を知り、不安との折り合いをつけ、「子どもの私」を安心させる、という3つのポイントをできることからやってみるとよいでしょう。

ただし、自分一人だけで行ってもなかなかうまくいかなかったり、周りの人と行っても葛藤や混乱が生じて、うまくいかないこともあります。そうした場合、見捨てられ不安に詳しいカウンセラーに相談するのも一つの方法です。

また、コントロールできそうもない不安に襲われたり、自制できそうもない場合には、メンタルクリニックを受診し、医師に治療やカウンセリングを検討してもらうとよいでしょう。

このように、見捨てられ不安は長年続いてきた思いぐせです。ぜひ、自分の考え方と行動を振り返り、できるところからその不安をやわらげていくとよいと思います。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。