親戚が集合するお正月、人間関係に一苦労する方も多いのでは?

ホームパーティー

義理付き合いのストレスがたまるのが、お正月

もういくつ寝るとお正月、ですね。おめでたいイベントなのに、クリスマスのように気持ちが盛り上がらず、「またお正月か~」とストレスに感じている人は多いのではないでしょうか?

お正月のストレスの筆頭に上げられるのは、なんといっても「義理付き合い」です。たまにしか会わない義理の両親や親戚と、長時間もしくは数日にわたってどっぷり付き合うことを考えると、誰でも「またか」と思ってしまいますよね。しかし望まなくとも、義理の付き合いは年齢とともに増えていくもの。人付き合いは、避けようとすればするほどストレスに感じてしまいます。今年こそ逃げ腰にならず、少しでもリラックスして付き合えるよう、義理付き合いのコツを覚えておきましょう。

久々の親戚付き合い…気まずくならない場の作り方

お正月は盛り上がる料理を

お正月は鍋や焼肉、お好み焼きで場を盛り上げるのもよい方法

たまに会う義理付き合いで最も困るのは、「話題」です。義理という関係もあってか、本音の「ぶっちゃけ話」はなかなか切り出せませんし、かといって天気やテレビの話という当たり障りのない話では、会話が深まりません。

そこで、長い時間を共にするお正月では、会話を盛り上げる工夫が必要になります。なかでも、以下の4つをおすすめします。

■場が盛り上がる飲食物を用意する
食べることは最高のリラックス法です。したがって、場が盛り上がる食べ物を用意するか、または持参するといいでしょう。たとえば鍋や焼肉、お好み焼きのように、準備している間からみんながワクワクできるようなものがおすすめです。
また、お茶の時間にこだわるのもいいでしょう。中国茶やコーヒー、紅茶のセットなど、自分のこだわりでおいしいお茶の時間を演出するのも一興。それだけで話題が広がり、場が明るくなります。

■子どもやペットは最高の盛り上げ役
義理付き合いを盛り上げるには、子どもの存在は欠かせません。「学校では友達できたの?」「勉強は何が好き?」など、子どもを中心に会話するといいでしょう。子ども自身も自分の話を聞いてくれる人が増えるだけで、ご機嫌になるはずです。また、ペットを中心に話題作りをするのもいいでしょう。先方さえよければ、ペットを連れて行くのもおすすめです。ペットをかまっているだけで、その場の雰囲気が和やかなものになります。

■1年間に撮った写真を持っていく
昨年の出来事を話し合うのが、もっとも正統派なお正月の会話です。話を盛り上げるためにも、昨年1年間に撮りためた写真を用意、または持参しましょう。旅行、子どもの運動会、家での様子など、写真を元に話を弾ませるのが一番です。ビデオでもいいのですが、みんなが見ても飽きないように編集をしてからにしましょう。

■トランプやボードゲームなどを用意する
大人数だからこそできるトランプや花札、ボードゲームを数種類用意しましょう。同じゲームでも、テレビゲームは画面に集中しすぎて会話が弾まないため、おすすめできません。カードゲーム等については、「カードゲーム・ボードゲーム」にたくさん情報がありますので、併せてご覧下さい。そういえば、もともとすごろくを楽しむのが、お正月の代表的な行事でしたよね。

またうっかりしていると、自分の態度で義理の人にストレスを与えてしまっているかもしれません。それを避けるための注意事項を次のページで見てみましょう。

次のページでは、「義理の人にストレスを与えない付き合い方のコツとお正月のストレスケア」についてご紹介します。