年明けの出社が辛い…お休み気分がなかなか抜けない「正月病」

疲れたビジネスマン

せっかくの「仕事初め」なのに、毎年最悪な体調で出勤していませんか?

働く人にとって癒しの期間でもある「お正月休み」。日頃の疲れをゆっくり癒したり、普段会えない家族に再会したりと、みんなが心待ちにしている貴重な大型連休です。

しかし、お正月にたっぷり休んだ(遊んだ)後に気を付けなければいけないのが、「正月病」です。「お休みモード」からなかなか気分が抜け出せず、眠気、倦怠感の続いた状態で出勤すると、「仕事初め」なのに何とも景気の悪いスタートになってしまいますね。

このように、お正月休みを「気分転換」どころか「疲労源」にしてしまうことを、俗に「正月病」と呼びますが、これをきっかけに無気力状態が長引かないよう、大型連休でもしっかり気持ちの「帯」を引き締めて過ごす必要があります。

自堕落な生活が招く「正月病」の注意すべき4つのポイント

正月のんびり

ぐーたら、ダラダラ、暴飲暴食三昧の毎日が「正月病」を招く

「正月病」になりやすい要因としては、次の4つがあると考えます。

  1. 寒い毎日で、どうしても外出が億劫になりやすい
  2. 新年会でごちそうやお酒が並び、連日飲み食い三昧
  3. 普段と違って長時間のテレビ特番が際限なくあるため、時間関係なくテレビに釘付け
  4. 「寝正月」が当たり前になってしまい、生活のリズムが崩れてしまう

つまり、「大型連休」という理由だけでなく、「お正月気分」の魔力によって自堕落な生活になりやすいところに、危険があるのです。

自堕落な生活で一度生活習慣が乱れると、仕事が始まってからも倦怠感が続き、体調を取り戻すにはかなりの時間が必要になります。しかも、正月は1年でも最も寒い季節。体もなかなか「活動モード」に戻れません。そこで、お正月こそ生活習慣をしっかり守り、「年明けには、スッキリした頭で仕事に向かう!」と、年初に決意することが大切なセルフケアの第一歩なのです。

次ページでは、正月病にならないための過ごし方について解説します。