「精神年齢が低い」と言われてしまったら……

公園でピクニックをするカップル

たとえば、人を押しのけてでも「自分が一番!」を主張する人は大人になり切れていないのかも。他人に配慮した生活をできていますか?

一見立派な大人に見えても、付き合い始めると「意外にコドモだな」と思う人はいませんか? そんな「子どもっぽい大人」とは、どのような人でしょう?

たとえばみんなで食事に行って大皿料理を囲んだとき、しっかりした大人であれば先に人に勧めたり、取り分けてあげたりすることができます。こうした配慮ができず、真っ先にいちばんおいしそうなところを取り、一人で食べてしまうと「子どもっぽい」と言われてしまいます。

また人の話を最後まで聞かず、話の途中で「オレが」「ワタシが」と自己主張し、他人の都合や周囲の事情を考えずに欲求を押し通す人も、「子どもっぽい」と言われてしまいます。

たまになら許されることですが、行動を続けていると周囲の失笑を買い、「精神年齢が低いよね」と言われてしまったりするのではないかと思います。
   

「精神年齢が低い」と見られる行動をセルフチェック!

「自分だけは大丈夫!」と思っていても、意外に私たち自身も子どもっぽい面があるのかもしれません。まずは、以下の項目の多くに心当たりがないか、ぜひ注意してみましょう。

□ 何かにつけて、周囲の人や環境のせいにしている

□ 理想の異性は、自分を守ってくれる包容力や癒しである

□ 見返りもないのに、他人や社会のためになることはしたくない

□ 会話では一方的に話すか、聞き役に徹することが多い

□ 仕事や遊びのプランニングは、たいてい他人任せである

 挨拶やお礼、お詫びの言葉を伝えるのは苦手である

上の項目でわかるように、子どもっぽいと言われる人には独りよがりな面が強く、周囲に配慮したり、他人と協力しながら生活することが苦手な面があると考えられます。
 

精神年齢を上げる方法は? 心がけたい5つのレッスン

では、自分の心を大人へと成長させるために何をするとよいのでしょう? お勧めしたい5つのポイントを、レッスン形式でご紹介します。

■レッスン1:理不尽なことがあっても、まずはドンと受け止めよう
不愉快なことがあったり、理不尽なことを言われたとしても感情的にならず、まず状況や他人の言葉をドンと受け止めましょう。受け止めてから、なぜその事実が起きたのか、なぜそれを言われたのかを冷静に考え、分析しましょう。

■レッスン2:他人に「してほしいこと」より、自分で「できること」を探そう
「私を守って」「私を楽しませて」など、他人に「してほしい」という思いが強い場合、まだ心が成長しきれていないのかもしれません。「してほしい」という言葉が頭に浮かんだら、「自分にできることは何?」と考え直してみましょう。

■レッスン3:他人や過去にとらわれず、「これから」に意識を向けよう
「してほしかったのに」「していれば」など、他人の行為や過去の出来事にとらわれていると心が成長できません。そうした言葉が浮かんだら「あの時はたしかにつらかった」と自分の気持ちを受け止め、その後「でもそれは過去のこと。これからどうしていくかを考えよう」と、未来に意識を向けていきましょう。

■レッスン4:相手の話を最後まで聞き、自分も素直に主張しよう
相手の話を最後まで聞かずに自己主張する。言いたいことがあるのに主張しない。これらに心当たりがある場合、会話を通じた成長を目指していきましょう。自他を尊重したコミュニケーションができるようになると、認知も行動も成長します。「人間関係を長続きさせる会話術」をぜひ参考にしてみてください。

■レッスン5:他人と協力し、成長しあう体験を重ねよう
人に何かをしてその見返りがないと、「してあげたのに」という思いが浮かぶかもしれません。しかし、その思いにとらわれていると心が成長できません。「人と人とは相見互い。お互いさまだ」と思えるようになれば、立派な大人です。そのためにも自他共に成長し、喜びを分かち合う体験を重ねていくといいでしょう。
 

「年下や後輩に慕われる大人」を目指しましょう

心の成長度を知る目安の一つに、年下や後輩からの信頼というポイントがあります。上にあげた5つのレッスンを意識すると、他人の悩みに対応する力がついてくるはず。すると、年下の人々や後輩の相談にもしっかり対応することができ、信頼を寄せられるでしょう。

精神年齢を上げるためには、感情に振り回されずに物事を冷静に受け止めて判断すること。そして、他人から言われたことや過去の出来事を過剰にネガティブに受け止めず、他人と協力して成長しあう体験を重ねていくことが大切です。ぜひ上記のポイントを参考にして、自分の心を大人へと成長させていきましょう。
 

関連記事

理想にこだわり息苦しくなっていませんか?
「良いか、悪いか」の二極化思考でストレスをためる人
「ダメ人生」を劇的に変える“語り”のアプローチ
「妖怪ウォッチ」に学ぶ合理的ストレス解決術!
「自分探し」で迷子になったオトナへの処方箋
「ダメなワタシ」を変えるための“はじめの一歩”
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項