管理栄養士 / 実践栄養 ガイド 平井 千里

ひらい ちさと

メタボ研究を行いエビデンスに則ったダイエットを教える管理栄養士

小田原短期大学食物栄養学科 准教授。女子栄養大学栄養科学研究所客員研究員。女子栄養大学大学院 博士課程修了。名古屋女子大学 助手、一宮女子短期大学 専任講師を経て大学院へ進学。肥満と栄養摂取の関連について研究。前職は病院栄養科責任者(栄養相談も実施)。現在は教壇に立つ傍ら、実践に即した栄養情報を発信。

得意分野

栄養学各論 臨床栄養学、高齢者栄養学、糖尿病栄養学など
食品学各論 
(管理栄養士業務一般)

活動実績

執筆ガイド記事本数234
メディア掲載実績8

ガイドからの挨拶

こんにちは! 管理栄養士・博士(栄養学)の平井千里です。港町の小さな短大で栄養学の先生をやってます。その前は病院で、「ゴハンの係(栄養科)」の責任者をやっていました。

現在は成人男性の5人に1人がメタボリックシンドロームであると言われています。女性も10~20代はやせている人が多いものの、1人の女性の一生を見てみると、年齢を重ねるごとに肥満していく人が多いようです。メタボリックシンドロームは糖尿病、高血圧、脂質異常症などを誘発します。これらは痛みがないからと放置しがちですが、症状が進むと、命を脅かすような病気をひき起こすことが知られています。

私は「メタボリックシンドロームと遺伝子多型」について研究しています。遺伝子多型とはお父さん・お母さんからもらった遺伝子に書き込まれた「体質」のことです。どんな体質の人がどのような過程を経てメタボリックシンドロームになっていくのか、メタボリックシンドロームやその予備軍と言われてしまったらどうすればよいのか、研究者としての立場と病院で患者様と接している現場の管理栄養士の視点から、食事を中心にくわしくお伝えします。

メタボリックシンドローム解消にはダイエットが欠かせませんが、巷では「やつれる」と「やせる」が混乱しているような気がします。1つの食品だけを食べる「単品ダイエット」は「やつれる」の典型ですが、読者の皆さんの中にも、「単品ダイエット」などで失敗し、つらい思いをなさった方もいらっしゃると思います。そんなつらい思いをなさった読者の皆さんがメタボリックシンドロームを解消し、リバウンドしない健康なカラダを手に入れていただくためのお手伝いができれば、こんなにうれしいことはありません。

メディア掲載実績

新聞読売新聞(東京)
安心の設計~シニア 年末年始の事故予防 大掃除は下準備を お餅も注意~
2020年12月09日
雑誌婦人公論
暮らしの情報ファイル その不調、野菜不足が原因かもしれません
2019年09月10日
雑誌サンキュ!
24時間、比べてみました。 しっかり食べても太らない人 そんなに食べてないのに太る人
2019年09月02日
雑誌ar
健康になろう オンナの栄養学
2018年05月12日
雑誌PRESIDENT
野菜不足の中高年は要注意 新型栄養失調
2016年08月22日

ガイドの新着記事

ガイドの新着イチオシ

All About NEWS 新着記事

  • 感染症に負けない!栄養学のプロが実践するコツ3つ

    【管理栄養士が解説】新型コロナウイルスの感染拡大が国内外で続いていますが、今回に限らず感染症のシーズンに私たちが実践したいのは感染症に負けない体づくりです。そこで、私自身が健康維持のために実践していることをご紹介しましょう。

    2020年03月19日

  • 糖尿病は国際的には「貧困病」であるという新事実

    今日はこんな記事をご紹介しましょう。糖尿病の常識変化 飽食による贅沢病でなく国際的には貧困病「食べ過ぎたから糖尿病になったんじゃないの?」と思う人も多いと思うの

    2016年02月02日