内科医 / 女性の健康 ガイド 山本 佳奈

やまもと かな

滋賀県生まれ、大阪育ち。私立四天王寺高校卒、滋賀医科大学卒。医師。自身の体験から、大学時代より貧血の問題に取り組んでいます。専門は貧血ですが、低用量ピル、性感染症、不妊、痩せ、更年期障害など、女性の健康に関する症状・病気についてわかりやすく解説できる「女性の総合医」を目指し、日々研鑽しています。

得意分野

貧血、女性の健康・病気、ピル、性教育、摂食障害

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数4

ガイドからの挨拶

みなさま、初めまして。私は、女性の総合医を目指し、日々奮闘している内科医です。

貧血と言われたけれど仕方ないかな、とほったらかしていませんか? 貧血じゃないから自分には貧血予防は必要ないと思っていませんか? 他にも、性感染症の検査を受けたことがない方、ピルについては詳しく知らない方、子宮頸がん検診を受けたことがない方も少なくないかもしれません。

ここでは日々の外来診療でよくご相談いただくお悩みや症状を中心に、なかなか言いにくいトラブルを含め、女性の健康にまつわる様々な疾患や症状、その対処法や治療法について、具体的にわかりやすく、ご説明させていただきます。

ガイドの新着記事

  • 避妊だけでは不十分?女性に性感染症検査を勧める理由

    避妊だけでは不十分?女性に性感染症検査を勧める理由

    【医師が解説】ピルやコンドームで避妊できても、性交渉がある限り性感染症リスクをゼロにすることはできません。性感染症は自覚症状が出にくいものも含め、将来的に不妊症の原因になることもあります。婦人科受診はもちろん、ネットで性感染症検査キットを取り寄せて匿名で検体を郵送し結果を知ることも可能です。詳しく解説します。

    掲載日:2018年05月30日女性の健康
  • 避妊失敗時、緊急避妊薬だけで安心してはいけない理由

    避妊失敗時、緊急避妊薬だけで安心してはいけない理由

    【医師が解説】海外では薬局などで安価に市販薬としても扱われている緊急避妊薬。日本では病院やクリニックを受診し、ノルレボを処方してもらうことができます。そして避妊に失敗した場合は、妊娠を回避して安心してはいけません。性感染症を始め、自分の身体の守り方について見直すことが大切です。詳しく解説します。

    掲載日:2018年05月15日女性の健康