医師 / 癌 ガイド 狭間 研至

はざま けんじ

大阪大学医学部卒。外科医の傍ら、現在、ファルメディコ株式会社ハザマ薬局の代表取締役をしております。外科医をしながら薬局運営を行っている経験から、病院の外での患者さんの悩みや行動を目の当たりにしております。医学的な情報を分かりやすく解説し、医療と患者さんの橋渡しを行っていきたいと思っております。

ガイドからの挨拶

みなさん、こんにちは。狭間研至です。
厚生労働省の統計によれば、がんは我が国における死因の約30%を占め日本人にとって身近な疾患になってきました。

医学の進歩もあり、その診断・治療法はまさに日進月歩の状態ですが、情報が多すぎたり、専門的すぎたりして一般の方にはわかりにくいのが問題ではないかと思います。

また、健康食品やサプリメントを含む、病院で受ける治療以外の治療法(補完代替療法)やがん予防法については、マスコミやインターネットでの情報が錯綜し、混迷を極めているのが現状ではないでしょうか。

外科医をしながら薬局運営を行っていると、病院では聞けない患者さんの悩みや行動を目の当たりにし、色々と考えさせられます。そして、がん治療・予防に関する情報整理の必要性を痛感しています。

「自分自身や家族ががんになった」「がんを予防したい」と言う方に正確な知識をわかりやすくお伝えしていく、それがガイドとしての私の役割だと考えています。必要以上におそれることなく、誤った情報に踊らされることなく「がん」に向き合い取り組んでいくために、本サイトをお役立て頂ければ幸いです。

メディア掲載実績

雑誌週刊女性
特集「『がん検診』最前線」~がん検査のエキスパートとして解説~
2014年02月10日
新聞公明新聞
記事「飲み過ぎどう防ぐ?」~二日酔いを防止するポイントを解説~
2013年12月29日
雑誌メンズ・ノンノ
特集「お酒の真実」~お酒について医師の立場から解説~
2013年04月10日
雑誌女性セブン
特集「子宮頸がん・早すぎる死の教訓」~子宮頸がんワクチンについて解説~
2012年12月13日
雑誌週刊アスキー
コーナー「カリスマガイドが選ぶベスト5」~30代以上の男性が受けておきたい健康診断BEST5~
2012年01月17日

ガイドの著書

ガイドの新着記事

  • 胃がんの初期症状・がんの進行

    胃がんの初期症状・がんの進行

    【医師が解説】かつて日本人のがん死因の一位だった胃がん。空腹時や食後のみぞおちの不快感や痛み、黒いタール便などの初期症状を見過ごさないようにしましょう。最近では検査法や治療法の進歩によって完治が目指せるがんになってきました。早期発見のために知っておくべき症状を確認しておきましょう。

    掲載日:2018年07月19日胃がん
  • 直腸がんの初期症状・進行症状……下血、貧血等

    直腸がんの初期症状・進行症状……下血、貧血等

    【医師が解説】直腸は大腸の中でも肛門に近い20cmほどの部分を指します。大腸がんと同様、直腸がんも増加傾向ですが、やはり重要なのは早期発見・早期治療。下血やめまい・ふらつきなどの貧血症状など直腸がんの初期症状と、進行した場合の便秘・下痢、便が細いなどの便通異常について解説します。

    掲載日:2018年07月12日癌(がん)