フェニルアラニン

化学名:
フェニルアラニン
英語名:
phenylalanine(Phe)

概要

フェニルアラニンは必須アミノ酸の一種です。肝臓でチロシンに変換され、ノルアドレナリンやドーパミンといった興奮性の神経伝達物質を作り出します。血圧を上げる作用や精神を高揚させ、記憶力を高める作用も持っています。「アステルパーム」はフェニルアラニンを原料とした人工甘味料は、清涼飲料水や菓子類、加工食品、ビタミン剤など、様々なものに添加されています。

体内での働き

チロシンを合成する

脳や神経が正常に働くために必要なアミノ酸、チロシンを合成します。チロシンは神経伝達物質の原料となり、うつ症状を改善する効果があります。

神経伝達物質として働く

体内で刺激の伝達に役立つノルアドレナリンとドーパミンに転換され、神経伝達物質として働きます。気分の落ち込みや無気力を緩和し、精神を高揚させるので、うつ症状の改善にも効果があると考えられています。

痛みを抑える

フェニルアラニンは、脳内でモルヒネのような働きをするエンドルフィンの産生と活性を高め、痛みを抑えます。習慣性や毒性がない、長期間使用しても効果が落ちないといった特徴があることから、鎮痛剤として医療現場で利用されています。

欠乏または過剰に摂取した場合

欠乏すると、うつ病になりやすくなったり記憶力が低下する可能性があります。摂り過ぎても問題はないと考えられていますが、フェニルアラニンには血圧を上昇させる作用があるため、過剰に摂取すると高血圧を招き、心臓病などのリスクを高める可能性があります。出生異常を生じる可能性が高いため、妊娠中の人は摂取が制限されています。また、統合失調症患者の運動障害を悪化させるおそれがあります。フェニルアラニンが過剰に蓄積し脳に障害が起こる乳幼児の先天性疾患、フェニルケトン尿症の人やフェニルアラニン代謝に異常のある遺伝子病の人は使用できません。

摂取により改善が見込まれる悩み(症状・病気)

参考文献

ご利用にあたって

当サイトに掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、利用者が当サイトの掲載情報を用いて行う一切の行為について、いかなる責任も負いません。