妊娠検査薬で陰性でも生理が来ないとき、考えられる可能性

妊娠検査薬が陰性なのに生理が来ない

妊娠検査薬では陰性判定なのに生理がこない……。もしかして妊娠……?


市販の妊娠検査薬で陰性でも生理が来ない場合、もしかして妊娠かも……?と不安になる人もいるかもしれません。

最も考えられる可能性の一つは、検査のタイミングが早すぎたということ。一般的には最後の生理が来た日を0週0日と数えて「3週5日」を過ぎなければ陽性にはなりません。一度陰性が出たからと言って妊娠していないとは判断できません。2~3日後に再度検査をすると陽性になることもあります。
 
排卵後から始まる高温期が2週間以上続いている場合、普通は妊娠反応が出ます。この時期に妊娠反応が陰性なら「偽の高温期」です。また、ごく初期の流産でまだ出血が来ず体温が下がらない場合も陰性に出ることもありますが、多くの場合はうっすら陽性になります。薄い陽性の場合、妊娠のごく初期の可能性が高いです。
 
ちなみに「双子妊娠の場合、妊娠していても陰性になりやすい」という説があるようですが、医学的根拠はまったくありません。
 

妊娠検査薬を使うタイミング・検査日の目安

妊娠検査薬を使うタイミング

市販の妊娠検査薬で正しく判定するためには、使うタイミング、検査日の目安を正しく知っておくことが大切です


前出のとおり、陽性が出るのは、早くても「最後の生理から数えて3週5日」以降ですから、月経が順調に来ている人であれば、月経予定日~予定日1週間後頃以降が目安です。
 
生理不順の人の場合は、最後の性行為から3週間後を目安にしてください。性行為が切れ目なくある場合は、前回の月経から45日たっても月経が来ない場合にいったん検査してみましょう。陰性ならそこから性行為を控えて1~2週間後に再度検査してみることをおすすめします。
 
生理日前に検査できる海外の妊娠検査薬もありますが、精度のほどはよく分かっていませんし、日本の検査薬でも生理予定日前にフライングで陽性が出ることはあります。自分の排卵日を正確に把握している人は少ないので、生理予定日を起点に「フライング」していることが多いとも言えます。
 
妊娠検査薬が陰性でも、病院に行ったら妊娠が発覚したという体験談を見聞きしたことがある方もいるかもしれませんが、実際に、自宅で検査した時は陰性でもその後の受診で妊娠が判明することはあり得ます。自宅で検査をした日が早すぎたこと、病院で検査した方がより精度が高いことなどがその理由です。正しい検査結果を知りたければ適切なタイミングで病院を受診することをおすすめします。
 

妊娠検査薬での陰性判定から2週間以上生理が来ない場合、病気の疑いも

妊娠検査薬陰性で考えられる病気

妊娠検査薬陰性が続くのにやはり生理が来ない場合、病気の可能性も


検査をして陰性だったにも関わらず、吐き気・腹痛・胸が張る・腰痛・つわりなどの妊娠初期のような症状がある場合、どうしても妊娠を疑いたくなるかもしれません。しかし検査が陰性なら妊娠ではありません。前出の症状は月経前症候群やホルモン異常によるものが疑われます。
 
何度検査をしても陰性なのに生理が来ない場合、無排卵、閉経、早発卵巣機能不全などのホルモン異常が原因のことも考えられます。
 
日常的に性行為の機会があって、月経が遅れたり月経が少量出血で終わったりした場合、たとえ自覚的に妊娠を疑っていなくても検査はするようにしましょう。市販の検査薬を使って陰性が続いても月経が来ない場合には、病院を受診することおすすめします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項