ビタミンB1(チアミン)

化学名:
チアミン
英語名:
thiamin

概要

水溶性のビタミンB群の一種。細胞が糖質をエネルギーとして利用する際に欠かせないビタミンで、神経の機能を正常に保つ作用があります。糖質に偏った食事や加工食品の多用、多量の飲酒で不足しやすくなります。

体内での働き

糖質の代謝を助ける働きがあります。糖質を分解するときに重要な酵素は、活性型のビタミンB1がないと働かないため、不足すると、細胞内で糖質をうまく分解できず、乳酸などの疲労物質がたまり、疲れやすくなります。摂取量が多いと、エネルギーの産生を支え、筋肉の疲労を防いだり、癒したりする働きがあります。また、神経系の伝達に関与しているため、脳をはじめとする神経細胞や筋肉、心臓の働きを正常に保つ役割を果たしています。食欲を正常に保ち、胃酸の分泌を高めて消化吸収も助けます。

欠乏または過剰に摂取した場合

欠乏すると、細胞内で糖質をうまく分解できず、乳酸などの疲労物質がたまり、だるさや疲労感を覚えます。また、脳のエネルギーが不足することで脳の働きが悪くなり、イライラしたり、集中力・記憶力が低下したりします。典型的なビタミンB1欠乏症には、末梢神経に異常が出る脚気と中枢神経に異常が出るウェルニッケ脳症があります。脚気になると、食欲不振や疲労感、手足のしびれやむくみ、動悸などの症状が現れ、重症になると、心不全を起こして死亡するケースもあります。ウェルニッケ脳症は、眼球の運動麻痺、意識障害などが特徴で、進行すると昏睡状態に陥ります。また慢性アルコール中毒症を合併すると、コルサコフ症候群という精神病を発症します。

摂取により改善が見込まれる悩み(症状・病気)

摂取量(推奨量/上限量)

成人男性は1.4mg/日、成人女性は1.1mg/日、さらに妊婦、授乳婦は+0.2mgを目安に摂取。上限量:なし。

多く含まれる食品

参考文献

  • からだの働きから見る代謝の栄養学(田川邦夫、タカラバイオ)
  • 基礎栄養学(同文書院)
  • 健康食品・サプリメント(成分)のすべて(Jahfic)
  • サプリ・トクホ相談Q&A(静岡県薬剤師会)
  • ナチュラルメディシン・データベース(Jahfic)

ご利用にあたって

当サイトに掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、利用者が当サイトの掲載情報を用いて行う一切の行為について、いかなる責任も負いません。