ビタミンA

化学名:
ビタミンA、レチノール
英語名:
vitamin A、retinol

概要

脂溶性ビタミンの一種。動物性食品に多く含まれていますが、植物性食品に含まれるカロテンからも生成されます。網膜の桿体細胞に含まれる光受容色素「ロドプシン」の主成分となっているため、視覚と深い関わりがあり、欠乏すると夜盲症(鳥目)になることがあります。また、上皮細胞を正常化し、体の成長や発育にも関与しているため、妊婦や授乳婦にとっては特に大切なビタミンです。

体内での働き

視覚機能を改善する

食物から摂取したビタミンA(レチノール:アルコール型)は、体内でレチナール(アルデヒド型)に変換され、網膜の桿体細胞でロドプシンという光受容色素となります。ロドプシンが光刺激を受容するため、人は暗い場所でも目が慣れて見えるようになりますが、その量が不足すると、暗いところが見えにくくなり、いわゆる「鳥目」という状態になります。

遺伝情報の読み取りを調節する

レチナールは、さらに酸化されて「レチノイン酸(カルボン酸型)」になります。レチノイン酸は、細胞の核内の受容体に結合し、遺伝子からの遺伝情報の読み取りを調節します。

皮膚や粘膜を健康に保つ

皮膚や粘膜など上皮細胞の形成に関与し、皮膚や目の角膜、口、鼻、のど、胃腸、肺、気管支、膀胱、子宮などの粘膜の働きを正常に保ちます。

欠乏または過剰に摂取した場合

健康な人の場合、肝臓で十分に貯蔵されているため、不足することはほとんどありません。しかし、ビタミンAが欠乏すると、夜盲症や角膜乾燥症、知能障害、成長停止、皮膚乾燥、ニキビ、粘膜のトラブル、免疫力の低下、生殖機能の低下といった症状が現れます。一方摂り過ぎると体内に蓄積され、食欲不振や頭痛、めまい、皮膚のかゆみ、発疹、嘔吐、下痢、骨粗鬆症などが現れます。また、妊娠初期にビタミンAを過剰に摂取すると、胎児に異常を引き起こす可能性があります。

摂取により改善が見込まれる悩み(症状・病気)

摂取量(推奨量/上限量)

成人男性は850μgRAE/日、成人女性は650μgRAE/日、さらに妊婦(後期)は+80μgRAE/日、授乳期は+450μgRAE/日を目安に摂取。上限量は成人男女とも2,700μgRAE/日。

多く含まれる食品

参考文献

  • サプリ・トクホ相談Q&A(静岡県薬剤師会)
  • ナチュラルメディシン・データベース(Jahfic)

ご利用にあたって

当サイトに掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、利用者が当サイトの掲載情報を用いて行う一切の行為について、いかなる責任も負いません。