トリプトファン

化学名:
トリプトファン
英語名:
tryptoohan(Trp)

概要

トリプトファンは牛乳から発見された必須アミノ酸の一種です。摂取されたトリプトファンは、肝臓や腎臓で分解され、エネルギー源として利用されます。脳に運ばれるとビタミンB3やビタミンB6、マグネシウムとともに神経伝達物質であるセロトニンを生成します。セロトニンが不足すると睡眠障害やうつ症状などが引き起こされます。そのため、トリプトファンは精神機能の維持にとても重要です。

体内での働き

不眠を解消し、精神を安定させる

脳に運ばれると、神経伝達物質であるセロトニンを作る原料になります。セロトニンには睡眠効果や精神を安定させる効果があります。

集中力、記憶力を高める

ホルモン調節に関わり、気分を高揚させてやる気を生み出すホルモンに、ドーパミンとノルアドレナリンがあります。トリプトファンは、チロシンとともに、これらの神経伝達物質の合成に作用します。

ビタミンB3(ナイアシン)を合成する

糖質や脂質などからエネルギーを作る際に必要なビタミンB3を合成します。

欠乏または過剰に摂取した場合

欠乏すると、セロトニンの生成が抑制され、睡眠障害やうつなどが引き起こされます。トリプトファンの場合、経口摂取には過剰摂取の危険性があり、注意が必要です。過剰に摂取すると、血中に好酸球が異常に増加し、筋肉痛や発疹を伴う好酸球増加筋肉痛症候群(EMS)になる恐れがあります。また、悪心、嘔吐、下痢、食欲不振、頭痛、立ちくらみ、眠気、口渇、視覚異常、筋力低下、性機能の異常などが起こる可能性があります。1日1g以上摂取すると、肝機能に障害が起こりやすくなり、肝硬変を起こすリスクが高まると言われています。妊娠中や母乳授乳期、腎臓や肝臓、白血球関連に疾患がある人は使用してはいけません。

摂取により改善が見込まれる悩み(症状・病気)

多く含まれる食品

参考文献

ご利用にあたって

当サイトに掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、利用者が当サイトの掲載情報を用いて行う一切の行為について、いかなる責任も負いません。