クロム(Cr)

化学名:
クロム
英語名:
chromium

概要

成人には約6~10㎎のクロムが存在します。人体に必須のクロムは3価であり、食物に含まれるクロムも3価です。6価クロムには強い毒性があります。糖質代謝、コレステロール代謝、結合組織代謝、タンパク質代謝の維持に関与しています。

体内での働き

インスリンの働きを高め血糖を調整します。タンパク質代謝、脂質代謝、コレステロール低下に関与します。脂肪を減らし、筋肉を増やす働きがあります。

欠乏または過剰に摂取した場合

欠乏すると、血糖上昇、耐糖能異常、血中コレステロール増加、冠動脈疾患のリスクが増加することが知られています。一方、過剰に摂取することで、皮膚の刺激、頭痛、めまい、悪心、気分の変化や思考障害、判断障害、協調運動障害などの副作用が起きる人もいます。さらに多量の摂取は、血液疾患、肝臓や腎臓の損傷などの障害を引き起こす可能性があります。

摂取により改善が見込まれる悩み(症状・病気)

摂取量(推奨量/上限量)

成人男女ともに10μg/日を目安に摂取。

参考文献

  • ミネラルの辞典(朝倉書店)
  • サプリメント・機能性食品事典(講談社)

ご利用にあたって

当サイトに掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、利用者が当サイトの掲載情報を用いて行う一切の行為について、いかなる責任も負いません。