毎日のお助けレシピ/1食100円のレシピ

一ヶ月の食費一万円!? 節約料理の献立集

150円で一汁二菜【ほどよく豪華な節約献立集】物価高騰につき、主菜が100円位、福菜+汁物で50円位、3品あわせても150円ほどで納まる献立を、多数用意致しました。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150円で一汁二菜【ほどよく豪華な節約献立集】

150円で一汁二菜
ちかごろの物価高騰に対抗すべく、材料費(調味料類を除く)が、1人前100円ほどで作れる主菜を画像つきで掲載し、それに合った副菜と汁物の、一汁二菜で150円ほどで納まる献立表を作りました。併せて、余った材料を使い切るレシピ、翌日にまわすレシピも紹介してます。計算上は、意外と豪華な夕食が150円×30日=1ヶ月4500円(米などの主食代を除く)で納まるはずなのですが、どうなりますか、あとはあなたの腕と情熱で、節約食生活 はじめましょうか。
節約料理のコツ

節約食生活のお約束
その時々の旬食材を使用する。ハシリに走らない。3袋で○○円、一山○○円といった食材は、まとめ買いして使いまわす。しかし無駄買いはしない。買ってしまった食材は根性で使い切る。週に一度は作りたい冷蔵庫一掃料理。残った料理は味と見た目を変えて再登場させる。手作りできるものはなるべく手作りする。(例えば、挽き肉は、ブロック肉を買ってきてフードプロセッサーで砕いた方が、安い上に新鮮で安全。)お金を節約するのも、時間を節約するのも、どちらも節約と考え、臨機応変に、ストレスにならないように、お気楽に。

1.肉が主役の節約メニュー
2.挽き肉が主役の節約メニュー
3.魚介類が主役の節約メニュー
4.キャベツ、白菜、大根が主役の節約メニュー
5.もやし、じゃが芋、その他の野菜が主役の節約メニュー
6.豆腐、油揚げ、おからが主役の節約メニュー

次のページへ!


更新日:2013年11月15日

(公開日:2009年02月25日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    18

    この記事を共有する