毎日のお助けレシピ/節約おかずレシピ

牛丼店の味を家庭で簡単再現!! 牛丼の作り方

安い牛肉でも美味しくなる牛丼の絶賛レシピ。作り方は簡単!ちょっとしたワザを使うだけ。このワザありタレの作り方をマスターすれば、いつでも我が家は牛丼屋。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
牛丼店の味を家庭で簡単再現!!  牛丼の作り方

所要時間:15分

カテゴリー:牛丼

 

安い肉でも美味しく作れる、技あり牛丼レシピ

いつもの牛丼の味をワンランクもツーランクもUPさせるのは、赤ワインのほのかな酸味と、カラメルの微かな苦味と香ばしい甘味と、和と洋のあわせダシ。紹介するのは、たかが牛丼、されど牛丼、ただものではない牛丼の作り方。

牛丼の材料(4人分

牛丼の材料
たまねぎ 大2個
牛肉 270g (薄切り)
温泉卵 4個(または生卵、半熟ゆで卵)
紅しょうが 適宜
牛丼のタレの材料
250cc
三温糖 25g(または白砂糖)
赤ワイン 30cc
みりん 25cc
醤油 75cc
少々(親指と人差し指でひとつまみ)
スープの素 1/2個 (固形)
かつおだしの素 小さじ1/4 (鰹だし)
こしょう 少々
ニンニク 中1片
生姜 ニンニクより小さめの塊

牛丼の作り方・手順

牛丼の作り方

1:鍋に砂糖と水を入れて火にかける

鍋に砂糖と水を入れて火にかける
鍋に三温糖と水大さじ1(分量外)を入れて中火にかけて煮詰める。 薄く焦げ色がついて、カラメルのいい匂いがしてきたら、鍋をまわして均一な色にする。 三温糖の代わりに白砂糖でも可。プリンのような完全なカラメル状態でなくて、ほんのり色づく程度で良い

2:カラメルソースを赤ワインとみりんで伸ばす

カラメルソースを赤ワインとみりんで伸ばす
火から外して赤ワインを一気に加え、鍋をゆすって混ぜる。再び火にかけ、みりんを加えて煮溶かす。

3:水、調味料、香味野菜を加えて1〜2分煮る

水、調味料、香味野菜を加えて1〜2分煮る
水、固形スープ、かつおダシの素、叩いたニンニクとショウガ、しょう油、塩、コショウを加え、1〜2分煮て火を止めて冷ます。 牛丼のタレは多めに作り、冷めたら空き瓶などに詰めて冷蔵庫で保存しておくと便利です。すき焼きの割り下にも使えます。

4:玉ネギは繊維に直角に5〜7ミリ厚に、牛肉は2〜3センチに切る

玉ネギは繊維に直角に5〜7ミリ厚に、牛肉は2〜3センチに切る
玉ネギは半分に切り、繊維に直角に、幅5〜7ミリにスライスする。牛肉は2〜3センチに切る。

5:タレが煮立ったら玉ネギを煮る

タレが煮立ったら玉ネギを煮る
【3】のタレを火にかけ、煮立たったらニンニクとショウガを取り除き、玉ネギを入れて煮る。

6:牛肉を入れて煮る

牛肉を入れて煮る
玉ネギがしんなりしたら牛肉を入れて、箸でさばきながら煮る。 ここで、豆腐とエノキ茸を足して煮て、皿に盛れば牛皿になる

7:牛肉が煮えたら火を止め、そのままさます

牛肉が煮えたら火を止め、そのままさます
牛肉に完全に火が通ったら火を止め、食べるまで蓋をしてそのままにしておき、味を染み込ませる。

8:食べる直前に加熱して温め、ごはんの上に盛り卵と紅生姜を添える

食べる直前に加熱して温め、ごはんの上に盛り卵と紅生姜を添える
食べる時に、鍋に火を入れて温め、丼によそったごはんの上に、網じゃくしで具を盛る。真ん中に温泉卵を落とし、紅生姜を添える。

ガイドのワンポイントアドバイス

赤ワインとカラメルソース、かつおダシと固形スープで味に深みを出します。さらに、「できたタレを冷ます」「煮上がった玉ねぎと牛肉を冷ます」この2度の冷ましも重要なポイントです。冷めるまでの間にタレがまろやかになり、具材に味が染み込んで馴染みます。また、今回は簡単にインスタントダシを使って作りましたが、鶏肉や豚肉のゆで汁(固形スープと違って塩味がついてないので、塩を少量足す必要あり)にインスタントかつおダシを加えたり、他の料理に使って余った和風出汁に固形スープを足すなどして作れば、無駄が出ず、おいしいタレも出来て一挙両得です。

更新日:2013年10月15日

(公開日:2009年09月15日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    46

    この記事を共有する