妊娠8週目 胎児の大きさ・体重・エコー写真
「胎児」と呼ばれるようになります

妊娠8週目(8w)、胎児のエコー写真・超音波写真

妊娠8週目(8w)、胎児のエコー写真・超音波写真


■妊娠8週目(妊娠3ヶ月:受精から42~48日目)
■胎児の大きさ 頭殿長(座高)が15~20mm

妊娠8週(8w)になると赤ちゃんは、「胎芽」から、「胎児」と呼ばれるようになります。心拍確認は超音波検査では妊娠6週から確認できます。妊娠8週で経過が順調であれば、心拍は確認できているでしょう。

まだ栄養の多くは、卵黄のうという栄養の嚢からもらっていますが、未完成の胎盤とへその緒を通してお母さんからの栄養補給も少しずつ始まっています。胎盤は急ピッチで形成されていて、4ヶ月ころに完成します。

 

妊娠8週目の胎児の様子
内臓の基本形ができてきます

これまで「胎芽」と呼ばれていましたが、「胎児」と呼ばれるように

これまで「胎芽」と呼ばれていましたが、「胎児」と呼ばれるように

8週(8w)の赤ちゃんはまだ小さいですが、この時期には、心臓、脳、肝臓、肺、腎臓などの、ほとんどの内臓は基本的な形はすでにできあがっています。腸は長いので、まだおなかにおさまりきれずに、超音波検査では臍帯ヘルニアといって“でべそ”のように見えることがあります。でも、もう少し週数がたつと、ちゃんと、おなかの中にもどってゆくので心配はありません。

 

胎児の顔の形はどんどん発達しています

赤ちゃんの顔の形はどんどん発達し続けています。8週(8w)になると、鼻孔と未発達の鼻がみられるようになり、口を形成するために、あごが顔の中央で融合し始めます。唇に厚みも出てきます。耳たぶが顔の下あたりに形成され、舌もできてきました。 まぶたも識別できるようになります。目の構造もかなり発達しましたが、見る力はまだまだ備わってきてはいません。また顔のすべてが皮膚で覆われてきました。

 

すでに「胎動」があります

赤ちゃんの手のひらには溝ができて、指の生える場所ができてきます。指と指の間は皮膚が折り重なり、水かきのようになっています。

腕や足も長くなってきて、まだ小さいけれど手首が曲がるようになってきています。これから腕が伸びて、肘の部分も曲がるようになってきます。小さな腕にはもう動脈、静脈が通り始めています。脳や筋肉、神経系が発達してくると、体や手足に自発的な動きがみられるようになってきます。8週(8w)でもう胎動がみられるのです!

また骨盤内に生殖巣が作られ始め、性別にかかわらず乳首が現れてきます。

 

妊娠8週目の妊婦の様子・気をつけること
つわりがピークの時期になります

水分も取れず脱水症状が進行すると母体の命にかかわることも

水分も取れず脱水症状が進行すると母体の命にかかわることも

個人差はあるのですが、妊娠8週(8w)頃は、つわりのピークの時期を迎えています。つらいとは思いますが、口に入るものを小分けに摂取しながら、何とか付き合ってくださいね。食事は摂れなくても、水分を飲めて、おしっこは出ているかが、身体的に乗り切れるかどうかの基準となります。

水分も摂れないのに、嘔吐を繰り返す場合は、妊娠悪阻といって、脱水症状が進行し、重症になると脳症状が出現し、お母さんの命にかかわることがあります。つわりを軽く見てはいけません。無理をせず、早めに病院を受診してください。

一方で、つわりがない人もいます。まわりからは羨ましがられるかと思いますが、本人は「赤ちゃん大丈夫?」と、かえって不安になることもあるでしょう。ただ、健診で赤ちゃんの心拍が確認できていれば大丈夫です。つわりがなくても赤ちゃんは元気に育ちます。

つわり中は、歯磨きも辛いことかもしれません。歯ブラシが口にあたるだけで、吐き気を催すことがあるので、いつもより小さめな歯ブラシを買って、ストロークを小さめにしてみるといいかもしれません。歯磨き粉も自分向きのものにかえて、ぶくぶくうがいを多めにしてみましょう。それでも歯磨き粉の味がダメなときは、ブラッシングだけでもOKです。

いつまで続く?つわりの時期・症状と対処法
つわりを軽減する10の対処法

 

妊娠初期流産の原因・症状

流産とは、妊娠22週未満に何らかの原因で赤ちゃんが母体の外に出てしまうことをいいます。そのうち、妊娠12週未満の流産を早期流産、妊娠12週以降22週未満を後期流産と分類します。妊娠初期に起こる流産の原因は、そのほとんどが受精卵の異常であり、染色体や遺伝子に異常があってうまく細胞分裂ができなかったために偶発的に起こるものです。受精卵の時点で運命が決まっており、いくら母親が注意していても、流産を避けることはできません。

胎児心拍が確認されていれば、流産の症状(腹痛や出血など)が見られても流産にならず落ち着いてゆくことも多いでしょう。流産をとめる治療はなく、腹痛や出血があっても妊娠12週未満は自宅で様子をみましょうという病院もあります。ただ、不安になると思うので病院に連絡して指示をあおぐようにして下さい。

妊娠初期の流産の症状・原因・手術方法

また、生化学妊娠・化学(的)流産(ケミカル・アボーション)とは、受精卵が着床をして妊娠反応が陽性になった後、超音波検査で子宮の中に胎嚢が見えてくる前に、発育が止まり、生理用の出血が起こることをいいます。妊娠検査薬の感度が高くなることで、陽性反応がでるようになり、この概念が一般にも知られるようになりました。

生化学妊娠・化学(的)流産(ケミカル・アボーション)の原因や症状とは?

 

妊娠週数別記事

 

妊娠月数別記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、自己判断せず必ず医療機関に相談してください。