【妊娠30週目】胎児の大きさ・体重・エコー写真は?
へその緒も太くかたくなり、動脈と静脈がしっかり走っています

妊娠30週目、胎児のエコー写真・超音波写真

妊娠30週目、胎児のエコー写真・超音波写真

■妊娠30週目(妊娠8ヶ月:受精から196~202日目)
■胎児と子宮の大きさ
頭殿長(座高)が41~42cm、体重は1200~1750gほど
子宮底長が24.6~28.6cmほど

赤ちゃんはだいぶ大きくなってきました。超音波でも、顔や足、手など、体の一部ずつしか写らなくなってきました。へその緒も太くかたくなってきて、その中を2本の動脈と1本の静脈がしっかりと走っています。通常は赤ちゃんの顔の前を漂っていることが多いようです。


【妊娠30週目の胎児の様子】
神経回路が新生児並みに進化しました

へその緒も太くかたくなり、動脈と静脈がしっかり走っています

へその緒も太くかたくなり、動脈と静脈がしっかり走っています

赤ちゃんの脳の神経回路は、新生児のものと同じくらいまでに進化しました。赤ちゃんはしっかりと感じたり、記憶することもできるようになっています。お母さんやお父さんの声もしっかり覚えているということです。


骨髄が赤血球の製造を始めたり、リズミカルな呼吸をするように

骨髄が完全に赤血球の製造を始めました。もう呼吸もリズミカルにできるし、腸の消化機能も、体温調節もなんとかできるくらいに、赤ちゃんは発達してきています。

眼球が動いている時間と動いていない時間がはっきりするようになります。これは睡眠と覚醒のリズムができてきたことをあらわす変化です。同じ状態が持続する時間がだんだん長くなり、その状態が変わるときに、目をパチパチさせたり、口をくちゅくちゅと動かしたりという赤ちゃんの動きがあらわれることもわかってきました。

胎児はお母さんから抵抗力を分けてもらっています

この時期、お母さんからの免疫グロブリン(IgG)の移行が増加してきます。無菌状態の子宮では、細菌やウイルスから身を守るための免疫のシステムが未熟であっても問題ありませんが、外の世界で生き抜いてゆくためにはそうはいきません。

ところが、出生時まで、免疫系の発達が十分に間に合わないので、それを補うために、お母さんは、IgGを赤ちゃんへと供給するのです。この母体由来のIgGは生後6ヶ月働き続け、その間に、赤ちゃんは免疫システムを確立させます。


【妊娠30週目の妊婦の様子・注意点】
入浴やシャワースキンケアで、皮膚のトラブルを防ぎましょう

皮膚トラブルや妊娠性のケアをしましょう

皮膚トラブルや妊娠性のケアをしましょう

汗がたまりやすい股間や胸の下などに炎症が起こりやすくなっています。こまめに汗を拭き、入浴したりシャワーを浴びたりするなどして対応しましょう。

妊娠後期に入り、急激におなかが大きくなってくると、おなかだけでなく、おっぱいや太ももにも妊娠線ができやすくなります。妊娠線は産後、色が白くなって目立たなくなりますが、完全に消えることはありません。とくに治療を必要とするものではありませんが、妊娠中の皮膚のデリケートな生理的な変化に対して、皮膚を清潔に保ち、下着類などの材質にも心がけるようにして、擦過による二次感染に注意しましょう。保湿クリームなどで予防をしていても、肌質などによっては、できてしまう人がいます。


あおむけで寝るのがつらければ、楽な姿勢を探しましょう

子宮が大きくなっていているので、あおむけで寝るのがつらく感じることがあるでしょう。下半身の血液を心臓に運ぶ中心大静脈は子宮の後ろ、中心よりやや右寄りを走っているので、血液循環をよくするためには、子宮が大静脈をできるだけ圧迫しないように、体の左側を下にして横になるのがおすすめです。

ただ、お母さんが楽であれば、どんな姿勢でも赤ちゃんは楽なんです。抱き枕やクッションを使って楽な姿勢を探しましょう。

妊娠週数・月数別の関連記事


合わせて読みたい関連記事