妊娠線は急激におなかが大きくなるとできやすい

妊娠線

約7割の人にできる妊娠線。産後は目立たなくなる

妊娠線とは、妊娠中のお母さんの皮膚に現れることのある、ほんのりと赤みを帯びた線のことです。おなかだけでなく、胸やおしり、太ももなどにもできることがあります。妊娠によっておなかや胸が大きくなり、皮膚が急に伸ばされることで現れてきます。

皮膚は、上から、表皮、真皮、皮下組織からできています。妊娠して皮下組織の中にある脂肪細胞が急に大きくなると、表皮はそれにともなってある程度は伸びるものの、真皮や皮下組織は、その伸びについていくことができずに、断裂してしまいます。断裂したところから、その下にある毛細血管が見える。それが、稲妻のようだったり、すいかの皮の模様のようだったりする妊娠線です。

妊娠線が現れない人もいます

妊娠線は、すべての妊婦さんにできるわけではありません。できるのはだいたい7割の人。3割の人はできずにお産を迎えます。それでは、できる、できない、の差は一体どこにあるのでしょう?

妊娠線ができるのは、おなかが急に大きくなったとき。たいてい、おなかが大きく目立ちはじめる妊娠7ヶ月ごろからです。おなかの大きくなり方は、人によって違いがあります。多胎妊娠の場合や小柄な人は、おなかがせり出すような感じで、おなかもどんどん大きくなりがちです。その分、おなかの皮膚が引き伸ばされますが、これはしかたありません。

また、肌質によっても、できやすい、できにくいがあります。一般に、皮膚がカサカサしていて弾力性のない人はできやすく、しっとりしていて伸びのいい人はできにくいようです。これも、もって生まれたものですから、ある程度はしかたないといえるでしょう。あなたのお母さんに妊娠線が残っているのかどうかは、あなたができやすいかどうかを知る目安になるでしょう

妊娠線は、ある程度予防できます

妊娠線ができないように、また、できても最小限にとどめるための方法はあります。まず、急激な体重増加を避けること。おなかが大きくなるにしても、少しずつ少しずつならいいわけです。

そして、皮膚になるべく潤いを与えること。乾燥しないようにクリームやオイルなどを塗って、よくマッサージしておきましょう。大きくなった胸や太ももなどにも同様のケアをしておきます。万が一、妊娠線ができてしまうと、がっかりして、それまで続けていたケアをやめたくなります。でもさらにひどくしないためにも、最後までケアを続けてください。

産後は目立たなくなります

一度できてしまった妊娠線が消えることはありません。でも、産後は目立たなくなります。妊娠線の程度や本数によっても違いますが、産後2ヶ月ごろから赤みが消えはじめ、半年後には透明な状態にまで戻ります。それまで産前と同様のケアを続けてみてください。おなかのたるみがなくなれば、さらに目立たなくなりますから、そのためにも産後のエクササイズを積極的にしてみましょう。

妊娠線予防するコツ6ヶ条

  1. 体重管理をしっかりと
  2. 脂肪がつきにくい体に
    まめに体を動かし、脂肪がつきにくい体でいましよう。
  3. お肌に潤いを
    皮膚の乾燥を防ぐために、クリームなどで保湿、マッサージをしつかりしましよう。
  4. おふろにつかる
    シャワーですまさず、おふろにつかれば皮膚の血行もよくなります。保湿効果のある入浴剤を使えば、一石二烏でず。
  5. 腹帯やガードルも利用してみる
    腹帯やマタニティ用ガードルで、適度におなかを支えると、皮膚が伸びすきず、妊娠線の予防になる場合があります。
  6. 鏡でチェックして常に意識しておく
    大きなおなかの下側はお母さんさの目からは死角。まめに鏡でチェックしておきましょう。

あわせておすすめ:
妊娠線予防クリーム・オイル おすすめランキング
妊娠線のケアのためのマッサージ・スキンケア法
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、自己判断せず必ず医療機関に相談してください。