妊娠・出産 ガイド 竹内 正人

たけうち まさと

産科医

たくさんのお産に携わりながら、より優しい「うまれる」「いきる」を3世代/100年先につなごうと、地域、国、医療の枠をこえて、さまざまな取り組みを展開している産科医。著書、監修書多数。妊娠・出産・育児ママに応援メッセージを毎日届ける無料メルマガ【そのママ】(会員数23万)も好評!

ガイドからの挨拶

こんにちは!
「妊娠」「出産」「産後」担当、産科医の竹内正人です。

妊娠によって、女性の体と心には様々な変化が見られます。
不安や心配で一杯な方もいるでしょう。
それはあなたが親になっている証拠で、とても自然なことではあるのですが、
できうるかぎりの情報を集めるだけでは、きっと解決はできないでしょう。
逆に不安が増してしまうかもしれません。

あなたに知っていてほしいのは、妊娠をしたということは、
自然か治療か、年齢、体型などにかかわらず
あなたには産む力が、赤ちゃんには産まれてくる力が備わっているということ。
まずは、自分の体と、あなたの子どもを信じることから始めてみませんか。

周りと比べる必要はないのです。
そうすることで、妊娠・出産・育児という命を育む時間を通して
これまで気づかなかった景色が見えてきます。

思い通りにゆかないこともあるでしょう。
それでもいいのです。
その時にあなたが感じたことを大切にしながら、
1日1日、できることを積み重ねていってほしいです。

“あなたは あなたのままでいい”
それが、未来へとつながってゆきます。

知ることで安心してもらえるような医学情報を
わかりやすく紹介してゆければと思います。

メディア掲載実績

雑誌LEE
特集「新米ママの心の処方箋は『産後ブルー』を知ること」
2014年07月07日

ガイドの新着記事

  • 逆子とは?骨盤位が治る確率・逆子体操の効果・帝王切開が必要な理由

    逆子とは?骨盤位が治る確率・逆子体操の効果・帝王切開が必要な理由

    逆子とは、赤ちゃんがお腹の中で頭を下にした姿勢を「頭位」と呼ぶのに対し、頭を上、お尻(臀部)か足を下に向けた状態「骨盤位」のこと。赤ちゃんはお腹の中で回転しますが、妊娠30週目位になり頭が下にない場合「骨盤位(逆子)」と診断されます。逆子が分娩時までに治る確率、帝王切開が必要な理由、逆子体操やお灸の効果を解説します。

    掲載日:2020年06月10日帝王切開
  • 妊娠8ヶ月目 妊娠28~31週の胎児の様子・母体症状や気を付けること

    妊娠8ヶ月目 妊娠28~31週の胎児の様子・母体症状や気を付けること

    妊娠8ヶ月にあたる28週、29週、30週、31週の赤ちゃんの様子や母体の変化、気を付けることなどをご紹介します。赤ちゃんの体は、早産になっても脳の指示を受けて自力でなんとか呼吸することができるくらいに発達してきています。母体の前置胎盤や妊娠高血圧症候群のリスクも知っておきましょう。

    掲載日:2020年05月19日妊娠後期