胎動とは赤ちゃんが自分の存在をお母さんに伝えるサイン

お腹の中の赤ちゃんはどうやって動いているの?

お腹の中の赤ちゃんはどうやって動いているの?

おなかの赤ちゃんが動き胎動を感じたとき、多くの人は、お母さんになる実感が大きくわいてくることでしょう。また、赤ちゃんの元気な様子がわかって、ひと安心という人も多いはずです。

胎動を感じる時期はいつから?

はじめて胎動を感じる時期は、初産婦さんで妊娠18~20週ぐらい、経産婦さんでは、それより少し早く感じるようになります。初産婦さんは、胎動とはどんな感覚かわからないので、当然のことですよね。といっても、この時期には個人差がとても大きく、16週ごろから感じる人もいれば、22週ごろになってはじめて感じる人もいます。こんなに差が出てくるのは、胎動を感じる上で大きく影響を受けるお母さんの腹壁の厚さや羊水のなど量に違いがあるからです。胎動と思っていたら、腸の動きだったということよくあります。

いずれにしても、赤ちゃんは、お母さんが胎動を感じるずっと前からに元気に動いているのです。今は、超音波検査で赤ちゃんが動いている様子がわかるので、「まだかしら……」とあまり気にしすぎないようにしてください。

 

赤ちゃんは眠ったり起きたりしている

さて、赤ちゃんはおなかの中でどのように暮らしているのでしょう? 赤ちゃんは、お母さんと一緒に寝たり起きたりしているのではありません。外の世界とは関係なく、自分のぺースで眠ったり、起きたりを繰り返しているのです。夜、お母さんが眠っているにもかかわらず赤ちゃんが動くのは、このためなのです。

初期は、眠っている時間(休止期)が長く、おなかの中を漂っている状態です。週数が進むにつれ、起きている時間(活動期)が長くなっていきます。そして、30週ごろには、活動期と休止期のサイクルがはっきりしてきて、動いている時間と、動かない時間、それぞれの持続時間がどんどん長くなってゆき、37週以降にはあまり変わらなくなります。ただし、お母さんが感じ取れる胎動は、活動期の動きの一部だけです。お母さんには伝わりませんが、赤ちゃんは目を動かしたり、向きを変えたり、しきりと自分の体をさわったりと、様々な動きをしているのです。また、お母さんが忙しく動いていれば、胎動を自覚しにくくなるなど、すべての胎動うちお母さんは約40%しか感じることができないというデータもあります。

赤ちゃんのいろいろな動き方・胎動の種類

赤ちゃんはいろいろな動きをしています。ただし、これらの動きは、勝手気ままな動きではなく、生まれてから必要な動きのための準備運動と考えられています。なお、「おなかを強く蹴るから男の子」と言う人もいますが、医学的には、性別や性格が胎動に関係するという根拠はありません。

  1. キッキング
    腕や足を曲げたり伸ばしたりする動き。妊娠末期には減少します
  2. ローリング
    体全体を回転させるような動き
  3. しゃっくり様運動
    大人のしゃっくりのように、胸やお腹をヒックと動かします。一旦しゃっくり様運動が始まると30分くらい続くこともあります。ただし、赤ちゃんが苦しがっているわけではありません
  4. 呼吸様運動
    腹式呼吸をするかようのように、胸をふくらまさたり、しぼませたりします。呼吸様運動が正常にあることは、赤ちゃんが元気な証しとなります
  5. 胎動としては感じない動き
    目をキョロキョロと動かす、あくび、ゆぶしゃぶり、羊水を飲むなど

  6.  

妊娠後期は胎動が少なくなるのか?

自治医科大学の松原茂樹先生のグループは、日本人の妊婦のデータから、新規胎動数カウント法を考案しています。

「1日のうちで最も活発に動いたとき、10 回胎動を感じるのにかかった時間を毎日記録させる」方法です。一般に、妊娠後期になると、赤ちゃんは先進部を骨盤の中に落ち着かせるようになるので、胎動が少なくなってきますが、松原の方法で妊娠後期に10 回カウントを測定してみると、平均所要時間は14.8 分で、90 パーセンタイル値は35 分であったと報告しています。

この結果を受けて、自治医科大学では、カウント時間が1時間以上の場合には、外来を受診するように指導しているそうです。


■あわせて読みたい胎動関連記事
赤ちゃんが動く「胎動」はいつからわかる?
妊娠4ヶ月ってどんな時期?
妊娠5ヶ月ってどんな時期?