【妊娠17週目】胎児の大きさ・体重・エコー写真は?
頭と体のバランスが取れてきました

妊娠17週目、胎児のエコー写真・超音波写真

妊娠17週目、胎児のエコー写真・超音波写真

■妊娠17週目(妊娠5ヶ月:受精から105~111日目)
■胎児と子宮の大きさ 

  • 頭殿長(座高)が11~12cm、体重は100gほど
  • 子宮底長が14~18cmほど
頭と体の部分のバランスも取れてきました。皮下脂肪が、まだほとんどなく痩せているので、超音波検査で赤ちゃんの顔をみると、骸骨のように見えるかもしれませんが、きれいに整った耳、唇、鼻、あごができていて、もうどこから見ても赤ちゃんの形です。

この時期は常に動いていて、手足、体を動かしているのもよくわかると思います。指で手を振ったり、顔をなでたり、頭をかいたりと、細かい部分までしっかりと発達し、成長を続けています。


【妊娠17週目の胎児の様子】
体温調節のための褐色脂肪を蓄え始めます

胎児は褐色脂肪を蓄え始めます

胎児は褐色脂肪を蓄え始めます

赤ちゃんは褐色脂肪と呼ばれる脂肪を蓄え始めます。この褐色脂肪は生まれたときに体温を調節するのにとても役立ち、おもに肩甲骨の裏側にできてきます。赤ちゃんは、裸で生まれてくるのに震えないですよね。それは、この褐色脂肪が熱を産生してくれるからです。生まれて、成長をするにつれ、この褐色脂肪はなくなっていくので、寒いと震えるようになってゆきます。


胎便がたまってくる頃です

胎便がたまってくる頃です。胎便とは、赤ちゃんが飲んだ羊水中に含まれている赤ちゃんの皮膚や羊膜の細胞が、赤ちゃんの腸にたまったもの。胎便ができるということは赤ちゃんが消化の練習をしている証拠。赤ちゃんが生まれて初めてする濃い緑色のうんちが、この胎便です。


【妊娠17週目の妊婦の様子・注意点】
心臓の働きが活発になるため、しっかりと栄養補給を

心臓の働きが活発になるため、しっかりと栄養補給を

心臓の働きが活発になるため、しっかりと栄養補給を

お母さんの心臓は妊娠前に比べ約5割増しで働くようになります。育ち盛りの赤ちゃんに栄養を送るだけでなく、お母さんのハードな働きにも、十分対応可能な妊婦仕様の体に変わってゆきます。

そのためには、バランスのとれた食事と、ご飯やパスタなど、エネルギーを十分に供絵してくれる炭水化物がさらに必要となります。 血液が増えてくるので、鉄分はしっかりとりましょう。サプリメントでもいいですが、プルーンやひじき、小松菜などがおすすめです。ビタミンCや銅と一緒にとると吸収率がアップします。


口腔ケアはしっかりと

妊娠中は食べる回数が増えたり、つわりで気分が悪かったりして、口腔ケアが不十分になりがちです。また、妊娠により唾液の分泌が少なくなるので、口臭の増加、消化を助ける作用や自浄作用、抗菌作用を低下させ、虫歯や歯周炎の原因菌が増える環境になります。何か食べたあとは必ず磨く習慣を守るようにしましょう。


胎動を感じる人も出てくるでしょう

体の状態も少し楽になり、精神的にも少し余裕はでてきたけど、胎動が感じられるまでは「赤ちゃん元気なのかな?」と、不安になることも多いかもしれません。この安定した時期に、赤ちゃんを意識して、感じてみる、思いをめぐらせてみることって、すごく大切なこと。そっとおなかの上に手をおいて目をつぶってみませんか。


妊娠週数・月数別の関連記事


合わせて読みたい関連記事