妊娠13週目 胎児の大きさ・体重・エコー写真
バランスのとれた体つきに

妊娠13週(13w)の胎児のエコー写真・超音波写真

妊娠13週(13w)の胎児のエコー写真・超音波写真


■妊娠13週目(妊娠4ヶ月:受精から77~83日目)
■胎児の大きさ
 頭殿長(座高)が75mm、体重は20gほど

妊娠13週(13w)の赤ちゃんは腕が伸びてきて、生まれたときに近い、バランスのとれた体つきになってきました。足もこれからどんどん伸びてきます。超音波検査でも全体が一番見える時期なので、夫婦2人で妊婦健診に行くのもおすすめです。

Index
妊娠13週の胎児の発達や様子
初産で妊娠4ヶ月に胎動を感じる人は少ない
赤ちゃんの性別はまだ分からない
妊娠中の便秘対策
食事のポイント
つわりが終わらない方へ

 

妊娠13週目の胎児の発達や様子
親指をなめたり、指を握る反射が備わってくる

胎児は指を舐めたり握るったりしている

胎児は指を舐めたり握るったりしている

妊娠13週(13w)になると、胎児は親指を舐めるなど、親指を他の指と分けて使うことができるようになります。また、手首を曲げたり、握りこぶしを作ったりするなど、複雑な動きもできるようになります。掌握反射(しょうあくはんしゃ)といって、もしも、お腹の中の赤ちゃんの手のひらを触ることができたなら、握ってくれるという反射が備わってきました。足の機能も発達し、足の甲をパタパタさせたり、つま先を丸めたりすることもできます。

 

呼吸のまねごとを始めたり、脾臓(ひぞう)が働き始めます

妊娠13週(13w)になると肺の動きも活発になってきて、羊水を肺の中から出したり入れたりして、呼吸のまねごとも始めています。

赤ちゃんの神経細胞も急速に発達しています。内臓では、脾臓(ひぞう)が働き始めます。赤ちゃんの脾臓は、骨髄で赤血球がつくられようになるまで、肝臓とともに、血液をつくる大切な役割があります。

また赤ちゃんのおなかの中では、腸の位置が正しい位置に動いていきます。大腸は小腸を縁どるようにして小腸の周りに落ち着いてきます。小腸はまだおなかの中にぶら下がっていますが、これからきちんとおさまっていくところです。

 

妊娠4ヶ月に胎動を感じる人はまずいない

胎動を感じるのが待ち遠しい妊婦さんも多いと思いますが、初めて胎動を感じる時期は、初産婦さんで妊娠18~20週ぐらいから。また経産婦さんは初産婦さんより早く感じる傾向があります。4カ月くらいで胎動を感じる人もいるようですが、この時期に胎動を感じことはまずないでしょう。多分、腸の動きなどでないかと思います。

胎動の基礎知識と種類!いつからどの位置で動くのか?

 

妊娠13週だと赤ちゃんの性別はまだ分からない

赤ちゃんの性別は受精の瞬間に決まっています。お母さんの卵子にYの染色体をもつ精子が受精すれば男の子、Xの染色体をもつ精子が受精すれば女の子となります。妊娠7週ごろには、目や鼻、くちびるなどの顔は形づくられてきてきますが、性器は男女とも構造上は全く同じで、ともに女性型になっています。 妊娠8週に入ったところで、ようやく男女の区別ができ始め、アンドロゲンという男性ホルモンの作用によって外性器がつくられ、14~20週くらいになると、アンドロゲンの大量分泌により、脳が男の子型へとなってゆくと考えられています。

赤ちゃんの性別は、早ければ、超音波検査で妊娠16週ごろから確認が可能です。いちばん確認しやすいのは妊娠24週前後でしょう。妊娠13週だと性別はまだ分からないでしょう。

赤ちゃんの性別が分かる時期って?

 

妊娠13週目の妊婦の様子・気をつけること
つわりが終わらないという方へ

一般には、妊娠4~6週目ぐらいから始まったつわりは、妊娠12~16週目ぐらいには落ちついてくることが多いでしょう。また辛いつわりのピークは、妊娠7~9週目ごろという人が多いでしょう。とはいえ、早々とつわり症状から解放されてしまう人もいれば、妊娠後期や赤ちゃんが生まれるまで、ずっとつわりが続いていたという人もおり、人それぞれです。

妊娠13週(13w)でつわりが終わらないという方は、いつまで続くんだろうと辛い日々かと思います。残念ながら、今のところつわりは治せず、ただ終わるのを待つしかありません。それでも、つわり症状を軽くするために対処法はあります。つわりで苦しんでいる妊婦さんは、不快症状と付き合う工夫をしてみましょう。

つわりを軽減する10の対処法

 

お腹の膨らみ

妊娠13週(13w)になると「お腹が少し出てきた?」と感じているお母さんもいるでしょう。血液の流れを悪くしないように、体を締めつける服装はやめて、適度にゆったりとした洋服を身につけるようにしていきましょう。

外から見ると下腹はまだ膨らんできませんが、子宮は骨盤内でグレープフルーツほどの大きさになります。膀胱を圧迫することで頻尿となり、腰痛が出てきやすくなります。体操や運動をしたり、温めたり、マッサージをしてもらったりなど解消法を見つけておきましょう。妊娠中は冷やさないようにしてください。

 

便秘気味になりがちです

便秘には繊維質の多いものをとったり、朝に水や牛乳を飲んで腸を刺激するなども有効

便秘には繊維質の多いものをとったり、朝に水や牛乳を飲んで腸を刺激するなども有効

食事はとれるようになってきましたか? つわりの影響が残り、食後に胸やけや不快感がある場合は、無理をせず、少量ずつ数回に分けて食べるようにしましょう。

便秘気味のときは意識して、繊維質の多いものや炭水化物をとるようにしてみましょう。赤ちゃんのエネルギー源としても大切です。朝に水や牛乳を飲んで腸を刺激するなども有効です。

便秘がちになるのは、分泌量が増えたホルモンが、胃腸の動きを緩慢にさせるからです。食べ物がゆっくりと腸の中を移動し、その分、腸で水分がいつもりも吸収されるため、排泄物が通過しにくくなっているからです。便秘で苦しいときは受診したときに医師・助産師に相談してみましょう。

妊娠中によくある不安・疑問 Q 妊娠中の便秘はどうしたら解消できる?

 

食事では、カルシウムや亜鉛などの栄養素を積極的に摂取を

カルシウムと亜鉛をとろう!

カルシウムと亜鉛をとろう!

赤ちゃんの歯や骨の形成に必要なカルシウムは、実は妊娠中に付加する必要はないのですが、日本人にはもともと不足しがちなので、意識して摂るようにしましょう。サプリメントでもいいですが、牛乳やチーズの乳製品、煮干しやちりめんじゃこ等の小魚にカルシウムは豊富です。ひじきや切干大根には、カルシウムに加え、鉄分やビタミンB等の栄養素も豊富、妊娠中におすすめです。

また亜鉛も意識して摂取しましょう。赤ちゃんの心臓や脳の成長に不可欠な栄養素であるうえに、不足すると母体の免疫力の低下やつわりがひどくなる原因にもなります。肉類や牛乳に多く含まれ、九州もされやすいです。魚介、海藻、野菜、豆類などもおすすめです。

妊娠中の食事の疑問!OK・NGな食べ物・飲み物は?

   

妊娠週数別記事

 

妊娠月数別記事

 

関連記事

ユニクロマタニティーはマストバイアイテム勢揃い
いつまで続く?つわりの時期・症状と対処法
妊娠初期の腹痛や出血、これって妊娠初期症状?流産?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。