妊娠36週目 胎児の大きさ・体重・エコー写真・出産がもし始まったら

妊娠36週目(36w)の胎児のエコー写真・超音波写真

妊娠36週(36w)胎児のエコー写真・超音波写真

■妊娠36週目
  • 妊娠10ヶ月:受精から238~244日目
■胎児と子宮の大きさ 
  • 頭殿長(座高):47~48cm
  • 体重:2000~2900gほど
  • 子宮底長:29~33cmほど
まだ生まれてくるには早すぎますが、万が一妊娠36週での出産(早産)になっても新生児治療の対象となる週数であり、胎児は、医療の助けによって障害がなく生存の可能性が高くなるほど発達しています。

INDEX  

妊娠36週は胎児の臓器機能が完成

妊娠36週(36w)になると、呼吸器や心臓、肝臓、消化器などすべての臓器は十分な大きさになり、機能も完成します。神経系や筋肉の発達も十分で、今すぐ生まれても、呼吸や体温調節をすることができる状態です。

腎臓もきちんと働くようになり、体内の水分を処理できるようになるので、むくみがとれて皮膚に張りが出ます。体を覆っていた胎脂がはがれて、肌はつやつやしたきれいなピンク色で、赤ちゃんらしい体つきになっています。

一般的に、妊娠36週になり、体の機能が成熟し、体重が2500gを超えると、成熟児といわれるようになります。
 

妊娠36週の胎児の位置変化は、出産が近いサイン

胎児の位置の変化は出産が近いサイン

胎児の位置の変化は出産が近いサイン

まだ少し早いですが、妊娠36週になると赤ちゃんの位置が下がってくることがあるかもしれません。位置の変化は、出産が近づいていることを表し、だいたい出産の2ー4週間前に起こるといわれています。ただ、個人差があるので、下降度によって、いつ生まれるかを予測するのは困難です。

また全体の9割近い赤ちゃんが予定日の前後2週間で生まれますが、「その日」がいつになるかは赤ちゃんのスケジュール次第です。
 

妊娠36週で逆子が戻る可能性が低い

もしこの時期で逆子の場合は、赤ちゃんがこの位置が心地よいということかもしれません。頭位に戻るチャンスは1割以下と低いでしょう。

▷参考(逆子なら帝王切開になるの?
 

妊娠36週になると前駆陣痛が始まる人も

妊娠36週になると、これまでとくらべておなかの張りが頻繁になってきます。間隔が不規則なうちは「前駆陣痛」といって、まだほんものの陣痛ではありません。あれ来たかな?と思っても、静かにしていると、そのうちなくなってしまいます。陣痛の予行演習でもあり、こうした刺激が子宮口や産道を柔らかくしてゆきます。

▷参考(陣痛とは?陣痛の兆候・痛み・始まり方
 

妊娠36週の妊婦さんは、食事と水分は最後まできちんと摂りましょう

36週から妊娠10ヶ月となり、健診が週にー度になります。赤ちゃんと共に子宮が下がってくると、動悸や息切れが少し楽になり、食欲も戻ってきます。これまできちんと食事がとれていなかったお母さんは、バランスよく栄養をとるようにしましょう。

その一方、まだ大きなおなかが胃腸を圧迫するので、食事がすすまないお母さんもいるでしょう。妊娠前半に体重が増えすぎたから、あるいは、赤ちゃんが大きくなるとお産が大変だから、食べられないのがちょうどいいは正しくありません。妊娠後期は、一番カロリーが必要な時期です。母子共に元気にお産を乗越えてゆくためにも、血圧が高くなり、妊娠高血圧症候群と診断されたり、妊娠糖尿病でカロリー制限をしているのではなければ、食べる量や、回数を、工夫しながらでも、口に入るものを、きちんと、摂ってゆきましょう。水分も十分にとってください。
 

赤ちゃんまでの距離は3cm!おなかをいっぱいなでてあげましょう

おなかをいっぱいなげてあげましょう

おなかをいっぱいなげてあげましょう

非妊娠時には約3cmあった子宮の壁の厚さが約1cmになってきました。個人差はありますが、お母さんのおなかの脂肪を足しても、おなかの上から赤ちゃんまでの距離は3cmしかありません。

おなかの上から見るだけで、赤ちゃんのお尻、背中、足の位置もわかりやすくなりました。お母さんとお父さんがおなかをなでているのを、赤ちゃんはしっかり感じとれています。いっぱいなでてあげてくださいね。

 

妊娠週数別記事

 

妊娠月数別記事

 

関連記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。