【妊娠5週目】胎児の大きさ・体重・エコー写真は?
まだ超音波検査で心拍は確認できません

妊娠5週目、胎児のエコー写真・超音波写真

妊娠5週目、胎児のエコー写真・超音波写真

■妊娠5週目(妊娠2ヶ月:受精から21~27日目)
■胎芽(胎児)の大きさ
 
頭殿長(座高)が2mm足らず

まだ超音波検査では心拍が確認できない週数ですが、赤ちゃんは内胚葉、中胚葉、外肺葉と3つの細胞のグループにわかれて発達してゆきます。そのうちの1つ、心臓や血液、骨、筋肉を作る中間グループ (中胚葉)の細胞は、赤ちゃんの栄養が蓄えられている卵黄のうとつながって、循環システムを確立しようとしています。

※なお本来、妊娠8週目未満の赤ちゃんのことを「胎芽」、それ以降を「胎児」と呼びます。

【妊娠5週目の赤ちゃんの様子】
心臓につながる大動脈や肝臓が形成されます

心臓につながる大動脈や肝臓など各器官が形成されます

心臓につながる大動脈や肝臓など各器官が形成されます

心臓につながる大動脈の形成もスタートしました。大動脈は体の中でいちばん大きい動脈で、血液を心臓から胎内のすべての器官や組織へと運びます。脳のもとになるものが現れてきました。

その他、体のさまざまな器官作りが始まります。腕・足のもとになる突起状のものができ、胃、腸、肝臓、膵臓などの消化器系の臓器や肺の原型、へその緒も形成されだします。この週の終わりころになると、赤ちゃんの心臓から、形成された臓器にいよいよ血液を送り出そうとします。


耳や目になる小さなくぼみが出てきます

赤ちゃんの顔は、耳ができる場所にくぼみが現れ、耳になる組織ができてきます。あごやほほ、口、舌、首、耳、脳の神経などのもとも作られます。咽頭や気管を作る組織の溝、泌尿器系や生殖器系となる尿生殖器の溝、肺の芽も現れてきます。

頭部にはのちに目となる小さなくぼみも出てきます。体には腕となる基部が盛り上がってきます。体の成長が脊髄の成長に追いついてくるのに従い、おしりのしっぽも目立たなくなってきます。


【妊娠5週目の妊婦の様子・注意点】
超音波検査で「胎のう」が確認できれば安心です

今の妊娠検査薬は、妊娠していれば5週でうっすらと陽性に出てくるでしょう

今の妊娠検査薬は、妊娠していれば5週でうっすらと陽性に出てくるでしょう

いつも正確であった生理が1週間以上遅れている場合、妊娠の可能性が高いといえます。まずは、妊娠検査をしてみましょう。今の妊娠検査薬は、妊娠をしていれば妊娠5週でうっすらと陽性に出てくるでしょう。

ただ、もし陽性ではない場合でも、排卵がいつもの周期より遅れ、そこで妊娠をしている可能性があるので、感冒症状があっても、むやみに薬などを服用しないようにしてください。

産院を受診された方は、まだ超音波検査では赤ちゃんはまだ見えないと思いますが、子宮内に赤ちゃんが入っている袋「胎のう」が確認できれば、子宮外妊娠の心配はありません。


情緒不安定になるのも意味のあることです

この時期には、不機嫌になったり、わけもなく涙が出てきたりと、情緒不安定になることがあるかもしれません。そのほとんどは、体内のホルモンの影響によるもので、特別なことではありません。

自分の意志でコントロールできるものでもないので、そのままのあなたを受け容れてゆくのがいいでしょう。パートナーにもそのことを理解してもらえるといいですね。できるだけ自分の好きなことをして、リラックスして過ごすようにしましょう。

その他、おっぱいが少し張ったように感じたり、普段よりトイレが近くなることがあるかもしれません。まだ早いですが、つわりを感じ始める妊婦さんもいます。

妊娠週数・月数別の関連記事

合わせて読みたい関連記事


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、自己判断せず必ず医療機関に相談してください。