【妊娠20週目】胎児の大きさ・体重・エコー写真は?
まだ両手にちょこんと乗るくらいの大きさ

妊娠20週目、胎児のエコー写真・超音波写真

妊娠20週目、胎児のエコー写真・超音波写真

■妊娠20週(妊娠6ヶ月:受精から126~132日目)
■胎児と子宮の大きさ
 
頭殿長(座高)が21~23cm、体重は250~350gほど
子宮底長が16.6~20.6cmほど

赤ちゃんはだいぶ大きくなってきましたが、まだ両手にちょこんと乗るくらいの大きさで、今、産まれてきても、生きていくことはできません。赤ちゃんの脚の長さは新生児と同じ比率になります。新生児の手足は体に対して少し短めではありますが、歩き出すまでには伸びていきます。

皮膚もかなり厚くなってきて、今では4層になって、もう体の中の水分が皮膚を通して外にしみ出てゆくことはありません。指先、手のひら、足の裏の表面模様の元になる表皮突起線も出てきました。


【妊娠18週目の胎児の様子】
胎児の神経ネットワークがぐんぐん成長中

胎児は羊水にプカプカ浮き、手足を活発に動かす

胎児は羊水にプカプカ浮き、手足を活発に動かす

この時期は、赤ちゃんの記憶と思考機能に発達に必要な、複雑な神経のネットワークがどんどんできてきています。また心臓の動きは、より力強くなっています。

これからは赤ちゃんの五感、つまり味覚、嗅覚、聴覚、視覚、触覚の発達がさらに進んでいきます。すでに触覚(皮膚感覚)、聴覚、味覚は発達してきているので、手の温かみ、外の世界の音を赤ちゃんは十分に感じているのです。


胎児の睡眠と活動の時間帯がパターン化してくる時期

また、このころの赤ちゃんは睡眠のパターンが習慣化してきます。筋肉や骨が強くなってきた赤ちゃんは、手足を活発に動かして過ごしています。活発に動く時間と、うとうとしていたり、眠っていたりする時間が交互にくるサイクルも整ってきました。おなかの外の音で目を覚ますこともあります。お母さんによっては、胎動を通して赤ちゃんの睡眠のサイクルがわかることがあるでしょう。


【妊娠20週目の妊婦の様子・注意点】
体調や気分が安定し穏やかに過こせるようになってきます

体調や気分が安定してくるので、妊娠生活を楽しもう

体調や気分が安定してくるので、妊娠生活を楽しもう

妊娠6ヶ月目に入ると、気分や体調が安定してきます。この時期に胎動を感じるなどして妊娠を楽しみ、幸せを感じることは、おなかの赤ちゃんや、その後の育児にも好影響をもたらすでしょう。

乳頭が扁平や陥没気味のママは、授乳に備えて、乳頭マッサージを始めておくとよいでしょう。


羊水のためにも水分補給をしっかりと

赤ちゃんは羊水の中にプカプカと浮いています。まだ、子宮のスペースにも余裕があるので、いろいろな姿勢をとったり、宙返りをしたりして動き回っています。

子宮の中を満たしている羊水は、赤ちゃんがいつも清潔な環境で過ごせるように、約3時間おきにすべてが交換されます。素晴らしいシステムですよね。そのシステムをうまく機能させるためにも、ママは毎日、十分な水分を摂ることが必要です。

妊娠週数・月数別の関連記事

合わせて読みたい関連記事

・赤ちゃんの性別っていつ分かる?
・胎動とは?赤ちゃんはお腹の中でどう動いている?
・妊娠が「安定期に入った」ってどんな意味?
・妊娠中に赤ちゃんを想って読みたい絵本10選
・胎教~ベビー誕生後の音楽CD人気ランキング
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、自己判断せず必ず医療機関に相談してください。