【妊娠14週目】器用にいろいろな動作ができてきます
胎児の大きさ・体重・エコー写真は?

妊娠14週目、胎児のエコー写真・超音波写真

妊娠14週目、胎児のエコー写真・超音波写真

■妊娠14週目(妊娠4ヶ月:受精から84~90日目)
■胎児の大きさ

頭殿長(座高)が80~93mm、体重は25gほど

胎盤も完成に近づいてきました。

赤ちゃんは首が発達してきて長くなり、あごが胸にくっついていることが、なくなってきました。また腕と体の比率が出生時の比率にかなり近づいてきています。まだ脂肪はついてはいませんが、少しずつ皮膚の厚みが増してきます。うっすらとうぶ毛が生えてきています。

赤ちゃんはまだ手のひらに乗るくらいの大きさしかありませんが、器用に色々な動きをするようになってきました。 手足には筋肉がつき始め、羊水の中で回転したり、頭の向きを変えたり唇をギュッと結んでみたり、手首を曲げる、つかむなど……活発に動いています。


【妊娠14週目の胎児の様子】
胎児の小さな心臓は一生懸命動いています

胎児はお母さんの倍以上の速さで、小さな心臓から全身に血液を送り出しています

胎児はお母さんの倍以上の速さで、小さな心臓から全身に血液を送り出しています

赤ちゃんの心臓はもう活発に動いています。心拍数は1分間に150回くらいで、お母さんの倍以上の速さで、小さな心臓を目一杯使って1日に25L弱の血液を全身に送り出しています。 健診で赤ちゃんの心音を聴いてみましょう。体はまだ小さいですが、やっていることは大きいんです。

また、赤ちゃんの各器官も成熟が進み、脳細胞をつなぐ配線の神経回路もできてきます。


胎児はおっぱいを吸う練習をしています

生まれた赤ちゃんがよく見せてくれる親指をチュッチュッと吸う動作。吸啜(きゅうてつ)反射というのですが、もうこの時期からできるようになっています。この反射が備わらないと、産まれてからはおっぱいを吸えないので、今から練習を始めています。


【妊娠14週目の妊婦の様子・注意点】
適度な運動と水分摂取を心がけましょう

妊娠中は有酸素運動がおすすめ

妊娠中は有酸素運動がおすすめ

体調が安定してきたら、適度に体を動かすことも考えていきましょう。妊娠をしたからといって、わざわざエアロビクスやスイミングを始めることはありませんが、友達作りなどにはいいですね。妊娠中は、ウォーキングやヨガなど自分のペースでできる有酸素運動がおすすめです。逆に、人と競うスポーツや、スキー、スノーボード、ダイビングなどは避けるのが無難です。


母体の血液は増え続けていきます

妊娠中はお母さんの体内で生産される血液が40~50%も増えてゆきます。赤ちゃんに十分な酸素や栄養を運ぶためだけでなく、お母さんの体もより多くのエネルギーを必要とするし、お産のあと子宮から胎盤がはがれるときに、ある程度の出血が予想されるからです。

増え続ける血液のほとんどは、血液中の液体の部分、血漿(けっしょう)です。そのために水分摂取はとても大切です。通常は、いくら水分をとっても、余分な水分はおしっことなるので心配はありません。

ただ、カフェインは、血管を収縮させる作用があります。コーヒーや紅茶、ウーロン茶などカフェインが含まれた飲み物は控えめにしてゆきましょう。また、塩分は少し控えめにしておきましょう。血圧が正常であれば、むくみがでてもまず心配はありません。座ったり寝たりしたときに、足を高い位置に置くとラクになるでしょう


気になる人は妊娠線予防のスキンケアを

これから、おなかが大きくなっていくと、下腹部やおしり、太ももや乳房に妊娠線が出てくることがあります。妊娠線とは、急激におなかなどが大きくなったとき、皮下組織が伸びきれずに断裂し、赤黒い線となって出てくるものです。すべてを予防することはできませんが、気になる方は、おなかが大きくなり始めたら、保湿クリームなどのスキンケアを始めてもいいでしょう。


妊娠週数・月数別の関連記事 


合わせて読みたい関連記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、自己判断せず必ず医療機関に相談してください。