【妊娠28週目】身長の伸びは少しスローペースに
胎児の大きさ・体重・エコー写真は?

妊娠28週目、胎児のエコー写真・超音波写真

妊娠28週目、胎児のエコー写真・超音波写真

■妊娠28週(妊娠8ヶ月:受精から182~188日目)
■胎児と子宮の大きさ 

頭殿長(座高)が39~40cm、体重は1000~1300gほど
子宮底長が23.1~27.1cmほど

身長の伸びるペースはこれまでと比べるとちょっとスローペースになってきました。それでも、あと3ヶ月たらずで10cmも伸びてゆきます。

妊娠28週に入ると、皮下脂肪がついて丸みを帯び、皮膚のしわがなくなって赤ちゃんらしい体つきになってきます。また、全身に生えていたうぶ毛も徐々に消えてゆきます。まだ、赤ちゃんがさかごでいる場合が多いですが、赤ちゃんはまだまだ子宮の中を回転したりして遊んでいます。


【妊娠28週目の胎児の様子】
胎児は外で生きる最低限の機能がそろっていく時期

妊娠28週目は外で生きていくための最低限の機能が揃う

妊娠28週目は外で生きていくための最低限の機能が揃う

おなかの外で生きていくための最低限の機能もそろい始めます。脳の指示を受け、呼吸様運動がさらに活発になります。まだ未完成ですが、体温調節の機能も働き出します。また、この週に、光や音、味、においに対する五感が敏感になります。

また赤ちゃんの肺は息を吸い込むことができるようになってきました。まだ早いけれど、万が一、今、産まれてしまっても、脳の指示を受けて、自分の力でなんとか呼吸することができるくらいになってきています。

お母さんは赤ちゃんがしゃっくりをする動きを感じることも出てくるでしょう。規則的に、ビクンビクンとお腹が動きます。これは肺ができてきているサインです。赤ちゃんは、日ごとに生まれてくる準備を整えているのです。


胎児の生殖器はできあがりつつあります

赤ちゃんの生殖器もできあがりつつあります。男の子なら、睾丸は陰嚢の中への下降を完了。女の子ならば、陰唇はまだ小さいので、クリトリスをおおっていません。陰唇は最後に成長し左右が互いに近づいてきます。


【妊娠28週目の妊婦の様子・注意点】
子宮はかなり大きく!おなかも張りやすくなるので無理せず

妊娠8ヶ月=妊娠後期が始まります。子宮の筋肉はこれまで以上に収縮と弛緩を繰り返すので、おなかの張りを頻繁に感じるようになるでしょう。局所的で一時的なこの子宮収縮はブラクストン・ヒックス収縮と呼ばれ、出産に向けての準備運動のようなもの。心配はありません。

「ふたご」「みつご」を妊娠されているお母さん。経過が順調でも、張りがでてくるので管理入院となる頃でしょう。不安や心配とつきあいながらも、1日1日、こどもたちとの大切な時間を過ごしてゆきましょう。赤ちゃんを守る子宮の力は思った以上に凄いです。お大事に。


子宮に膀胱が圧迫されて頻尿になる

また妊娠前は49gだった子宮も、妊娠が終わる頃には1kg近くになります。子宮が大きくなると、膀胱がかなり圧迫されるので、尿もれがあったり、頻繁にトイレに行きたくなるでしょう。それ自体は心配ないのですが、トイレを我慢するのはNGです。妊娠中は、尿を長い時間ためておかないしくみになっているからです。ただし、排尿時に、特におしっこが出終わるときに強い痛みが出てきた場合は、膀胱炎の心配もあるので、医師に相談してください。


出産や産後を意識して準備を進めよう!

体と心、そしてパートナーや家族との関係も、出産や産後を意識して準備を進めてゆきましょう。出産予定日が近づくにつれ、お母さんの体は、これから出産に向けての準備に入ってゆきます。あなたと赤ちゃんはつながっています。出産までの残りの時間、あなたの赤ちゃんとの一心同体感を存分に味ってゆきましょう!


血圧が少しずつ上がる時期。妊娠高血圧症候群にも注意

妊娠高血圧症候群にも注意

妊娠高血圧症候群にも注意

体に負担がかかってきて、少しずつ血圧が上がってきます。たいていは正常範囲内の変化で、疲れたときの安静だけで対応が可能です。ただ、頭痛や目のかすみ、急激な体重増加、手足・顔のむくみの症状が出てきたときは、妊娠高血圧症候群の可能性もあります。この時期から発症する場合、早急に対応しないと赤ちゃんだけでなく、ママにまで影響が出てくることがあります。おかしいと思ったら、次の妊婦健診を待たずに受診しましょう。


妊娠週数・月数別の関連記事


合わせて読みたい関連記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、自己判断せず必ず医療機関に相談してください。