【妊娠31週目】胎児の大きさ・体重・エコー写真は?
羊水の量はピークを迎えます

妊娠31週目、胎児のエコー写真・超音波写真

妊娠31週目、胎児のエコー写真・超音波写真

■妊娠31週目(妊娠8ヶ月:受精から203~209日目)
■胎児と子宮の大きさ 
  • 頭殿長(座高)が42~43cm、体重は1300~1900gほど
  • 子宮底長が25.6~29.6cmほど

赤ちゃんの表情はとても豊かになってきて、あくびやまばたき、指しゃぶりもよく見られます。顔に手をあてて目を触ったりほほを触ったりすることもあるんですよ。

羊水の量は8か月のこの時期にピークを迎えます。これからは赤ちゃんの成長にともなって、羊水は少しずつですが減っていきます。子宮の中でも、ますます赤ちゃんが占める割合が大きくなるわけです。それでも出産のころの羊水は300~600mlほどあります。


【妊娠31週目の胎児の様子】
骨格がしっかりし、筋力もアップしています

脳、肺と消化器以外の臓器は完全に成熟しています

脳、肺と消化器以外の臓器は完全に成熟しています

赤ちゃんの骨の骨化もすすみ骨格もだいぶしっかりしてきました。体重も増え続けています。筋力もアップしてきています。脳、肺と消化器以外の臓器は完全に成熟しています。


生まれた赤ちゃんが目を開けないのは分娩室がまぶしいから

低解像度

妊娠31週の胎児:大きなあくびが見られました

赤ちゃんの目は、起きているときは開き、眠っているときは閉じるという本来の動きをするようになってきています。光の量にも反応し始め、薄暗いとパッチリ開き、まぶしいと目を閉じることも可能になっています。ただ、子宮の中が明るくなるということはまずありません。

出産後、生まれてきてくれた赤ちゃんは大抵、しばらくの間目をつぶっていますが、それは分娩室がまぶしいからです。手のひらで目の上にひさしをつくってあげると、赤ちゃんは目を開けてくれるでしょう。


【妊娠31週目の妊婦の様子・注意点】
できるだけまっすぐ立って歩きましょう

おなかが大きくなってくると、バランスをとろうと、腰が反りがちになることが多いでしょう。でも、この姿勢は腰に負担をかかるので、できるだけまっすぐ立って歩くように心掛けてください。まっすぐ立ったり、座ったりすることは腹筋や背筋を鍛えることにもつながります。

肩こり、腰痛、便秘を予防するためには、ストレッチなどの妊婦体操やマタニティーヨガなどで体をできるだけ柔らかい状態に保つことが重要。朝夕のシャワーやお風呂で体を温め、血液循環をよくすること。そして、食物繊維(ひじき、大豆、ごぼう)や緑黄色野菜をよく取り、十分な運動(毎日1時間)をすることなどが効き目があります。


そろそろ初乳が出る人も

薄い黄色いがかった液体が初乳。母体も赤ちゃんを迎える用意が進んでいます

薄い黄色いがかった液体が初乳。母体も赤ちゃんを迎える用意が進んでいます

おっぱいが少し出始めた人もいるかもしれません。薄い黄色いがかった液体(初乳)です。驚かれるかもしれませんが、心配ありません。妊娠中は乳腺炎になることもありません。赤ちゃんだけでなく、母体も赤ちゃんを迎える用意がどんどんできあがってきています。


おなかの線にも意味があります

おへその下から縦に走る黒っぽい線が気になるお母さん、皮膚のひび割れの妊娠線ではなく、妊娠ホルモンによる色素の沈着で、正中線といいます。

出産後、おなかの上に赤ちゃんを置くと、赤ちゃんは自分でおっぱいまでたどりつく能力があります。この線の色は、赤ちゃんには落ち着く色で、実は乳首の色に近くて、赤ちゃんの道標になっているのではないでしょうか。出産したら薄くなるのであまり心配しないでください。


妊娠週数・月数別の関連記事


合わせて読みたい関連記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、自己判断せず必ず医療機関に相談してください。