妊娠12週目 胎児の大きさ・体重・エコー写真、流産の可能性はかなり低く

妊娠12週(12w)の胎児のエコー写真・超音波写真

妊娠12週(12w)の胎児のエコー写真・超音波写真

■妊娠12週目
  • 妊娠4ヶ月
  • 受精から70~76日目
■胎児の大きさ
  • 頭殿長(座高)が6cm
  • 体重は10~15gほど
妊娠12週(12w)になると今まで急成長を続けてきた赤ちゃんも、このあたりでペースダウン。これからは少しゆっくり成長していきます。といっても、大人とくらべると驚異的なスピードであることに変わりありません。
     

妊娠12週の壁?! 流産となる可能性はかなり低く

ここまで生き抜いてこれた赤ちゃんは、染色体異常など赤ちゃんの理由により流産となる可能性はかなり低くなります。

流産とは、妊娠22週未満に何らかの原因で赤ちゃんが母体の外に出てしまうことをいいます。そのうち、妊娠12週未満の流産を早期流産、妊娠12週以降22週未満を後期流産と分類します。早期流産でもその多くは、胎児心拍が確認できる妊娠初期におこります。

ネット検索の中で「9週の壁」「魔の9週」や「12週の壁」と言う言葉も生まれているようですが、医学的にはそのような用語・概念はありません。また妊娠週数別の流産確率についての信頼できる調査もありません。しかし、妊娠後に約15%の割合で起こる全流産のうち、約9割が初期流産(約7割が心拍確認前、2割が心拍確認後) で後期流産は約1割。また実際に私のところにこられる妊婦健診では、心拍確認後の流産は8週までが多い印象はあり、妊娠12週での流産はかなり少ないです。
 

 妊娠12週目は胎動や赤ちゃんの性別はまだ分からない  

胎動を感じるのはまだ先ですが、子宮の中では、赤ちゃんの動きもだいぶ激しくなってきました。体を曲げたり、伸ばしたり、キックもしています。妊婦健診の超音波検査で、そんな元気な赤ちゃんに出会えれば、大感激すること間違いないでしょう。

赤ちゃんの性別は、いちばん確認しやすいのは妊娠20週前後でしょう。早ければ、超音波検査で妊娠14週ごろから確認が可能なので、もう少ししたら赤ちゃんの性別が分かる方も出てくるでしょう。
 

胎児の内臓や消化器官が機能開始

妊娠12週目,12w,妊娠十二週,12w0d,12w1d,12w2d,12w3d,12w4d,12w5d,12w6d 内臓や消化器官が機能開始

胎児の内臓や消化器官が機能し始めます

妊娠12週(12w)になると、生理的臍帯ヘルニアといって、お臍から体の外にちょっとだけはみ出していた胎児の腸が下腹部におさまり、肝臓や脾臓などの消化器官が機能しはじめます。肝臓は胆汁を作り出し、腎臓は尿を作って膀胱に送っています。
 

体毛が現われたり、産声の準備が始まる

妊娠12週(12w)の赤ちゃんの顔まわりでは、つめや、まゆ毛、まつ毛など体毛が少しずつ現れてきます。

また咽頭(のど)に声帯が発達を始め、生まれたときの産声の準備が始まりました。赤ちゃんの歯ぐきの中には、20本の乳歯のもとが現れ、あごの発達もみられます。

耳の形も整ってきていますが、まだ音は感じられません。
 

妊娠12週目の症状・気を付けること
体調は徐々に良くなる傾向に

妊娠4ヶ月に入り、つわりや、妊娠初期の不安な気持ちが少しずつ和らぎ、体調は徐々に良くなってゆくでしょう。初期までは2週間毎くらいに、妊婦健診があったかもしれませんが、初期流産の時期を過ぎ、妊婦健診は4週間に1回となってきます。

これからは安定期になりますが、まだ胎動を感じられない時期なので、健診の間隔が急にあいてしまうことで、不安になる方もいるでしょう。あまり心配な場合は、少し早めに受診をさえてもらえるよう、先生に相談してみてもいいでしょう。

定期妊婦健診とは?回数、費用、内容、頻度を徹底解説
 

お腹の膨らみが出てきたと感じる妊婦さんも

妊娠12週目,12w,妊娠十二週,12w0d,12w1d,12w2d,12w3d,12w4d,12w5d,12w6d 子宮は骨盤内でグレープフルーツほどの大きさに

子宮は骨盤内でグレープフルーツほどの大きさに

妊娠12週(12w)になると「お腹が少し出てきた?」と感じているお母さんもいるでしょう。血液の流れを悪くしないように、体を締めつける服装はやめて、適度にゆったりとした洋服を身につけるようにしていきましょう。

外から見ると下腹はまだ膨らんできませんが、子宮は骨盤内でグレープフルーツほどの大きさになります。膀胱を圧迫することで頻尿となり、腰痛が出てきやすくなります。体操や運動をしたり、温めたり、マッサージをしてもらったりなど解消法を見つけておきましょう。妊娠中は冷やさないようにしてください。
 

妊娠週数別記事

妊娠月数別記事


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。